カテゴリ:ツアー情報( 16 )

コルトン先生と過ごすChristmas in NY スペシャルグルメツアー

072.gifFCIでおなじみの料理家、ひでこコルトン先生プロデュース、クリスマス イン ニューヨーク、極上のツアーができました!クリスマススペシャルのおもてなし料理クラスはもちろんのこと、スパークリングワイン、フラワーアレンジメントのクラス、コルトン先生行きつけのキッチン雑貨のお店めぐりなど盛りだくさんな内容になっております。

e0161692_231311100.jpg


詳細はアメリカにお住まいの方はニューヨーク支店、日本にお住まいの方は東京支店まで、お気軽にお問い合わせ下さい!

アムネット ニューヨーク 電話212-757-6700、E-mail: nycin@amnet-usa.com
アムネット 東京     電話03-5638-2041、E-mail: kakesu@amnet-jpn.com
by amnetnewyork | 2014-11-23 23:26 | ツアー情報 | Comments(0)

プリンスエドワード島

「赤毛のアン」で知られるプリンスエドワード島はカナダのトロントやモントリオールから
さらに東に位置する小さな島です。
緯度は樺太と同じで、島にも四季があり、春は4月半ば~6月半ば、
夏は6月半ば~8月半ば、秋は8月半ば~10月半ば、冬が10月半ば~4月半ばと
厳しい冬が半年も続くということです。
そんなプリンスエドワード島のアンの故郷を訪れるためこの島を訪れました。
e0161692_071563.jpg

小さな島とは言え、南北.約350kmある島を観光するのには、
レンタカーを借りるか、オプショナルツアー(以下、OPツアー)に参加するかになります。
レンタカーはGPS(カーナビ)がついているものもあまりないようで、
観光ポイントに行くのに便利なOPツアーに参加しました。
私が参加したのは一番人気の赤毛のアン観光ツアーです。
e0161692_095782.jpg

宿泊していたシャーロットタウンから車に揺られること約40分。
道中にもガイドさんから興味深い話をいくつか聞きました。
特におもしろかったのが、”牛の天気予報”です。”牛の天気予報”とは??と思いましたが、
牛が立っているときは晴れ、牛が座っているときは雨になるようです。
これは気圧の関係で、人間でもリュウマチを煩っている人などはすっきりしない天気の日には、
気分や体調まで悪くなると聞きますが、牛も同じようで雨が降りそうな日には
寝そべっていることが多いようです。
人と動物と自然が調和している島ならではの天気予報ですね。
また島のお家はカラフルでかわいいものが多く、
家の玄関の前に★マークのオブジェがついたお家がたくさんありました。
e0161692_0112371.jpg

これは家族が幸せになれるようにという願いが込められ飾られているようです。
島の人は家族との時間を大切にしている人が多く、
家族と一緒に過ごす家も自分たちの手できれいに手入れしているようです。
そんな島の話を聞きながら到着したのが、
赤毛のアンでアヴォンリー村の舞台となったキャベンディッシュ。
ここには赤毛のアンに登場したグリーンゲイブルズ、お化けの森、
恋人の小径、モンゴメリの墓、グリーンゲイブルズ郵便局などがあります。
e0161692_0152995.jpg

赤毛のアンを読んだ方なら誰もがわかる”緑の切妻屋根の家”が
緑いっぱいの草原にたたずんでおり、
このグリーンゲイブルズをみた瞬間物語の中に引き込まれ、
アンに自分がなったかのように気持ちが高揚してしまいました。
e0161692_0131190.jpg

家の前にはまだ咲いていないものの物語で”雪の女王”と名づけられた木もあり、
周りには恋人の小径やお化けの森も広がっています。
グリーンゲーブルズ内のお部屋も物語のままに再現されており、
かわいらしい花柄の壁紙やダイニング、
ダイニングにはダイアナに間違って飲ませてしまったイチゴ水、
またアンの部屋には思い出の石版や
「腹心の友」に信号送ったランプなど感動の数々がこの建物の中につまっおり、
アンではありませんが”想像のつばさ”が広がったような気がします。
e0161692_014656.jpg

次に向ったのが作者のモンゴメリのお墓。お墓?とも思いましたが、
ここにもアンや今ドラマでやっている花子にも由来するポイントがありました。
モンゴメリはとてもスペルにこだわりがあり、お墓にもそれが表れていました。
EWAN MACDONALD夫妻とお墓には文字が彫られているのですが、
モンゴメリのお墓にはご主人と同じスペルではなく自分のこだわりのある
スペルのEW(E)N MACDONALDで名前が刻まれていました。
アンもAnnではなく、Anneとeのついたスペルで呼んでほしいと言っていましたし、
花子も本当の名前は花ですが”花子と呼んでくりょ”
とドラマの中で言っていたのを思い出しました。
またこの島は灯台が多いことでも有名です。島には合計約50個くらいあると言われています。
e0161692_01784.jpg

この日私が行った灯台はケープトライオン灯台という本当に島らしい風景が広がる灯台です。
灯台と海と赤土と畑。なんとも美しい風景です。
この赤土、酸化鉄の影響で赤く見えるらしいのですが、
この赤土で靴を汚すとまた島に戻ってこれるという伝説もあるようです。
なんか素敵ですね!
またこの赤土の畑のほとんどがじゃがいも畑で、
島の人口はカナダ全体の0.1%にも満たないそうなのですが、
このじゃがいもの生産量はカナダ全体の3割を占め、
1軒のじゃがいも農家が所有する敷地面積は東京ドームの77個分というからびっくりです。
そして、この島のじゃがいも、本当においしいんです!
フライドポテトも他のものと比べるとほっくほくしていて口いっぱいに
じゃがいもの甘さが広がります。
このミネラルと鉄分を豊富に含んだ島の赤土で育てたからこその甘さのようです。
さらに島の食べ物の代表としてロブスターがありますが、
こちらも身がぷりっぷりしていてこれまた美味でした。
e0161692_0193264.jpg

島のロブスターの収穫期は時期によって北海岸、南海岸と決まっているようです。
このロブスター漁は島の代表的な産業のひとつですが、
ちなみにみなさんはロブスター漁のライセンスをとるのに
どれくらいのライセンス料がかかるかご存知ですか?
なんと日本円で5000万円!とのこと。びっくりですね。
その他にも島にはアンやモンゴメリ関連の観光スポットや灯台、
そしてワイナリーなどたくさん楽しめるところがいっぱいです。
今年はちょっと春の訪れが遅かったプリンスエドワード島。
今まさにベストシーズンですのでぜひ今年の夏はアンの故郷を訪ねて、
プリンスエドワード島へ足を運ばれてはいかがでしょうか。
NY支店でも毎日出発OKの現地発着のツアーを販売していますので、
お気軽にお問い合わせください。
連絡先 : 212-757-6700
by amnetnewyork | 2014-07-18 00:19 | ツアー情報 | Comments(0)

7/18出発 プリンスエドワード島4日間

【7/18出発のプリンスエドワード島4日間】
Amnetオリジナルツアー
内容盛りだくさんのツアーです♪
赤毛のアンが見た美しい景色を見に行きませんか?!

お問い合わせ
212-757-6700
1-800-757-9590
(月-金9:00~18:00)

e0161692_2343424.jpg


e0161692_234405.jpg

by amnetnewyork | 2014-05-20 23:44 | ツアー情報 | Comments(0)

遊園地!!!!!!

Hello From NY
冬が音も立てずに近づいてきてます・・・

そんな寒い冬がくる前に私・・・行ってきました!!!!・・・・

遊園地 Six Flags(ニュージャージー州)

絶叫系が大好きな私は、遊園地の駐車場に着くなり。。。テンションが一気にMAX・・・なるよね〜〜
e0161692_10193859.jpg

e0161692_10224124.jpg


この日は土曜日だったんですが・・・意外とスイスイ乗り物に乗れました!!(午後からゆっくりくる人が多いみたい)
ですので私のお薦めとしては、午前中に意気揚々と入園しぃ〜の、好きな乗り物に乗りぃ〜の、午後からゆっくり楽しみぃ〜のしたら効率よく遊べると思います。

この日、午後になりだんだんお日さんが沈んでくると、どこからともなく・・・こんな人達が湧いて出てくるんです。
e0161692_1028952.jpg

e0161692_10291257.jpg

e0161692_104047.jpg

・・・ゾンビたち・・・超怖い・・・
すると噴水が通常青い水を出しているんですが・・・真っ赤に染まってました・・・
e0161692_10305332.jpg

ゾンビの仕業!?ゾンビに教われる前に私たちは遊園地をあとに・・・・・・・・・・・・してません。
ハロウィーンのイベントみたいですよ☆☆☆
皆様も是非足を運んでみてはいかがでしょうか???

・・・・・・・ハロウィーン期間はゾンビたちにご注意を・・・・・・
こちらをチェック
by amnetnewyork | 2012-10-05 10:46 | ツアー情報 | Comments(0)

コロンバスウィーケンドはモントリオールに行こう!

長かった夏休みが終わり、9月にはいりましたね。
ニューヨークはとても涼しくなってまいりました。
涼しくなると、あっとゆう間に冬になってしまうのですが・・・

その前に!!秋を堪能しませんか?


アムネット特別パッケージツアー

Columbus Day Weekendに行く
(10月6日~10月8日)
 

2泊3日フライト&ホテルパッケージ 

2名1室1名様$549~

フライトは土曜発でたっぷり3日間遊べます!



一度は行きたいノートルダム大聖堂!!
e0161692_584852.gif












観光の後は、冷えた身体を暖めてくれるメープルカフェへ★
e0161692_595963.gif












ローレンシャン高原にて紅葉を楽しむのも良し、
オールドモントリオールでショッピングを楽しむのも良し!!

更に、今回のパッケージでは、2つのホテルからお選び頂けます。


①ノボテル・モントリオール・センター
2名様1室1名様 $549.00

②フェアモント・ザ・クィーン・エリザベス
2名様1室1名様 $699.00


詳しくは弊社ホームページより、ご覧ください。

ツアーお申し込み、お問い合わせは
アムネットバケーションデスクまで!
212-247-1900
Vacation@amnet-usa.com
by amnetnewyork | 2012-09-10 12:04 | ツアー情報 | Comments(0)

ニューヨーク発ナイアガラツアーご紹介!

本日のニューヨークの最高気温は華氏84度!!
暑い季節になってきましたね☆

この季節にお勧めニューヨーク発日帰り・1泊2日旅行をご紹介!
あつ~い時には大自然のシャワーで涼んでみてはいかがでしょう。

アムネットお勧めナイアガラ観光特集!
【月刊アムネット5月号に掲載予定】

e0161692_5302430.jpg


カナダ側のツアー
フライトで行く、ナイアガラ1日観光 
 アメリカとカナダにまたがる世界三大瀑布の1つナイアガラの滝で大自然の驚異を体験!
 往復航空券、滝の見える展望レストランでの昼食付がついてお得!
 日本語ガイドと一緒なので、安心してご旅行頂けます。

 大人$388~  子供$368~


バスで行く、ナイアガラ1泊2日観光
 リーズナブルにご旅行されたい方必見!
 ニューヨーク州アップステートのフィンガーレイクなどを観光しながらナイアガラへ
 ガイドは英語ガイドとなります。

 大人$299 子供$269


アメリカ側のツアー
アムネット特選!アメリカ側ナイアガラの滝ツアー  学生の方必見!I-20のサインを忘れても、大丈夫!
 アメリカ側からでも、霧の乙女号に乗り、カナダ側の滝も見れちゃいます!

 大人・子供$158


③のツアーは直接アムネットバケーションデスクにお問い合わせください。


夏に大人気のナイアガラツアーは満員になるのがとっても早い!
ツアーが満員になる前にお電話ください。

アムネットバケーションデスク
212-247-1900
vacation@amnet-usa.com
by amnetnewyork | 2012-04-17 02:17 | ツアー情報 | Comments(0)

オーロラを見にアラスカへ

アラスカ フェアバンクスにある「チェナ温泉」に行ってきました。

滞在中の気温は摂氏マイナス25℃でした。
その前の週まではずっと摂氏マイナス40℃だったようで、
アラスカの人にとっては「暖かい」そうですよ。

外に10分ほど出ているだけで、手が震え始め
カバンの中に入れていたペットボトルの水も凍り始め
人生の中で、一番寒い体験でした。

滞在した「チェナ温泉」は、電気は地熱発電を使い、レストランに出るお野菜も
リゾート内にある畑から仕入れており環境に優しいリゾートです。

ムースロッジ(デラックスルーム)
e0161692_9382631.jpg


日中のアクティビティーも充実しています。

1.犬ぞり体験
e0161692_9385799.jpg


2.アイスミュージアム
e0161692_954493.jpg


アイスミュージアムには、4つのお部屋があり、宿泊も可能です。
e0161692_9393525.jpg

摂氏マイナス8℃に設定されているので、寝袋は必須です!

ここチェナ温泉は、日本人が大好きな「温泉」があります。
e0161692_958666.jpg

露天風呂なので、気温がマイナスの中、水着で行かないといけないが
まさに地獄体験ですが、温泉に入れば天国です。
運が良ければ、温泉に浸かりながらオーロラ鑑賞も。

肝心のオーロラですが、3泊の滞在中2日間見ることができました。
1日目
e0161692_1064451.jpg

e0161692_1071992.jpg

e0161692_1074939.jpg

e0161692_1084315.jpg

この日は、オーロラが活発で、滅多に見ることができない(らしい)
赤色のオーロラを見ることができました!

あの世から、お呼びがきているような気持ちに・・・。

2日目は曇りで見れず

3日目
e0161692_10104617.jpg

e0161692_10113783.jpg

e0161692_10131383.jpg


この世にいながら、天国を見てしまいました。

オーロラ鑑賞は、カナダのイエローナイフや北欧が有名ですが、
アラスカ(フェアバンクス)はオーロラ鑑賞の確率がどこよりも高いです!!

自然現象なので、必ず見ることができるという保証がないのがネックですが、
だからこそ、毎回違う表情を見せるオーロラに魅力を感じられるんですよね。

チェナ温泉は、毎年2月~3月はほぼ満室状態が続きます。
秋頃は、アラスカの紅葉を見ることができ、気温もマイナスまでは行きません。
オーロラも天気が良ければ、見ることができるのでお勧めですよ。

ご興味があれば、是非お問い合わせください。
AMNET ロサンゼルス(インバウンド)
電話:(310)961-9297
by amnetnewyork | 2012-02-29 10:31 | ツアー情報 | Comments(0)

来年もやります!!PRESIDENT DAY WEEKENDアイスランドツアー!!!!

今年の2月大好評でした3泊4日アイスランドツアー!!
来年も皆様のご要望にお答えしまして、またまたやります!!

PRESIDENT DAY WEEKENDに行く
アイスランド3泊4日のパッケージツアー


1名様あたり$830+tax
( 2名様1室利用)

今回もアムネットパッケージ恒例のうれしい3つのポイント!!

1.17日(金)夜8時発往復直行便利用!

2.空港往復送迎付!!

3.朝食付きレイキャビク市内ホテル!!!


来年はなんと太陽の周期により、オーロラが見えやすい年と言われています!!
オーロラと太陽は密接な関係があります、みなさんご存知でしょうか!

太陽からは不定期に太陽風といわれる、プラズマ粒子の流れが地球磁場と相互作用し、複雑な浸入過程を経て地球磁気圏内の夜側に広がる「プラズマシート」と呼ばれる領域にたまる。プラズマシート中のプラズマ粒子が地球大気(電離層)に向かって高速で降下し、大気中の粒子と衝突すると、大気粒子が一旦励起状態になり、それが元の状態に戻るときに発光する。これがオーロラの光であるwikipedia参照

またオーロラというと、ものすごく寒い場所で専用防寒具を身につけ、厳しい寒さを覚悟して見るものだと思っていませんか???

なんと、アイスランドでは冬のNYとほぼ同じ気温なので、ダウンジャケット1枚でオーロラ観測が出来ちゃうんです!!魅力的〜

来年はアイスランドでオーロラを見たいと思ったそこのあなた!
すでにご予約受付開始しております!!今すぐアムネットバケーションデスクまでお電話ください!
バケーションデスク212−247−1900
by amnetnewyork | 2011-12-23 13:52 | ツアー情報 | Comments(0)

9・11メモリアル

9・11 メモリアル

 全世界を震撼とさせた米国同時テロから10年目の節目の今年、ワールドトレードセンターの跡地に遺族の方々やアメリカ国民待望のメモリアルがオープンしました。入場は事前予約制で、入場料ではなく”寄付”を支払います。目安は大人$10、もちろんメモリアル事業を支えるためにそれ以上お支払いになることも可能です。

e0161692_61011100.jpg

e0161692_611635.jpg

e0161692_612632.jpg

24時間復旧作業が進められているグランドゼロの今の姿や、その後ろにそびえるダウンタウンの高層ビル群などを眺めつつ、チケットを手にして列にならびます。カメラは持参できますが、大きな手荷物の持ち込みはできません。厳重なボディーチェックの後、いよいよメモリアルへ。

e0161692_6131859.jpg

e0161692_61412100.jpg

まず目に飛び込むのは開放感のある清々とした広々としたパーク、そしてその奥に南タワー、北タワーのそれぞれの跡地に作られた”メモリアルプール”。このメモリアルプールの淵には約3000名の犠牲者の名前が刻まれております。

e0161692_61568.jpg
 
NYの冬は夕暮れが早く、5時にもなれば美しい夕焼けとともにメモリアルも徐々にライトアップされ、昼間とは全く別の幻想的な世界がそこに広がります。

e0161692_6154843.jpg

e0161692_6164767.jpg

ライトアップされたメモリアルプール 息を呑む美しさです

e0161692_6173892.jpg

ライトアップされた犠牲者のお名前

e0161692_6184633.jpg

お花が手向けられておりました、犠牲者の大事な方がきっと添えられたのでしょう

e0161692_6192338.jpg

パークには数台のコンピューターが備えられており、犠牲者のお名前がどこに刻まれているか、あらゆる検索方法にて探してくれます(出身地別、お名前別、会社別、、、)

e0161692_6202221.jpg

2012年完成予定のミュージアムもライトアップされておりました。
どうやらワールドトレードセンターで残った建材がそのまま残されているようです。

e0161692_6221826.jpg

e0161692_6232262.jpg

9・11のテロやハリケーン・カトリーヌにも生き残ったサバイバーツリー、
今はひっそりと静かに息をしています。なんと、広島市長からの献花が捧げられておりました。

e0161692_624222.jpg

夜の帳に包まれた9・11メモリアルは静かに幻想的で、昼間とは全く別の顔を見せてくれました。木々の隙間から見える月や、跡地を見下ろす高層ビル群の夜景、、、全てが美しく平和で、テロの悲劇を二度と起こしてはならないと痛感いたします。
是非とも一度、9・11メモリアルを訪れることを(できれば夕暮れ時に)お勧めいたします。



9・11メモリアル
http://www.911memorial.org
by amnetnewyork | 2011-11-11 06:26 | ツアー情報 | Comments(0)

ナイアガラの滝☆アメリカ側の楽しみ方

ニューヨークに住んでいる方なら一度は行ったことがあるでしょうか、ナイアガラの滝

ナイアガラの滝と言えば、カナダ側の滝ですね!ツアーに参加された方はバッファロー空港へ発ってそのままカナダ側へ移り、霧の乙女号に乗ってまた帰ってきたという方も多いことでしょう。

しかし!せっかくナイアガラの滝へ来たのだから、時間があるなら是非ココも立ち寄ってほしい、今回はアメリカ側ならではの楽しさをご紹介します034.gif034.gif

e0161692_1235952.jpg

どど〜〜んとまずはアメリカ側から観たナイアガラの滝の風景。手前の滝がアメリカ滝、右奥の滝がカナダ滝です。霧の乙女号も小さく見えます。

因みに霧の乙女号はカナダ側だけでなく、アメリカ側からも出ています。そして、両方ともどちらの滝にも近づきます。もちろん、相手側の滝に近づく時にパスポートは要りません。笑029.gif

e0161692_12422728.jpg

霧の乙女号船上の様子。あまりのしぶきに滝が良く見えません・・・因にこれはカナダ滝。


さて、ここからがアメリカ側オススメスポット!


まずは、Cave of the Winds。霧の乙女号のしぶきでは満足できない方へ、ナイアガラの滝を極めたい方へ、ココは53メートルほど下った滝の麓でしぶきを間近に浴びながら滝の近くを歩くツアーです。

e0161692_12583670.jpg

e0161692_1305296.jpg




黄色いポンチョを着るのですが、"Hurricane Deck"という場所まで行くと何と滝まで6メートルの位置!ドドドドドドッッと勢い良く落ちる滝は正に迫力満点!気をつけないと、風向きが自分側に向くとひとたまりもありません。。
(因みに、カメラを濡らしたくない著者は、これ以上の撮影は断念することに。。014.gif

カナダ側は滝の裏に行くツアーもありますが、ここまで近づきません。
地元人曰く、「遠くから見るならカナダ側、近くから見るならアメリカ側」。
カナダ側から美しい滝を眺めた後は、アメリカ側で迫力満点の滝を楽しみましょう!


そして、もう一つ逃せないのが、Locks on the Erie Canal(エリー運河の閘門)。
エリー運河はニューヨーク州にある運河で、エリー湖からハドソン川上流を繋ぐ、ニューヨークの発展には欠かすことのできなかった運河です。

そして閘門とは、水位の異なるエリー運河の間で船を上下させるための装置のこと。水路の区間で前後を仕切り川の水位を上げたり下げたりして船を次の水位にあわせます。いざ、船に乗って閘室へ!

e0161692_1344278.jpg

e0161692_13471131.jpg

e0161692_1349816.jpg

分かりますか?水位が上がっていることが!船もどんどん上に上がります。
遠くの上にいた人にだんだん近づいていく様は何ともおもしろい!037.gif

因みに、乗船客の中には、「おーぃ」と下から上にいる友達に声をかけていたら、上に段々近づくにつれて、それが人違いであったことが分かった人がいました。笑

閘門の後はゆっくりとエリー運河を渡ります。百聞は一体験にしかず!?
是非体験してみてください。

そして、最後はBuffalo Chicken Wings(バッファローウィング)。バッファローに来たら食べずに帰るのは勿体ない!ビールとともにスパイシーなチキンウィングを楽しみましょう。

e0161692_141505.jpg


老舗のお店はAnchor Bar。因みにバッファロー空港でもAnchor Barのチキンウィングは食べられます。

e0161692_148110.jpg



いかがですか?ナイアガラの滝へ行く時は是非アメリカ側もお立ち寄りください!

Caves of the Winds: http://www.niagarafallslive.com/cave_of_the_winds.htm
Locks on the Erie Canal: http://www.eriecanal.org/locks.html
Anchor Bar: http://www.anchorbar.com/
by amnetnewyork | 2011-09-20 14:25 | ツアー情報 | Comments(0)


『体験と感動のアムネット』NY、LA、シカゴを中心に、アメリカでの生活便利情報を毎日配信中! ☆★☆ WEBサイトは www.amnet-usa.com


by amnetnewyork

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

ペルー マチュピチュ / 「..
at 2017-06-22 22:20
キューバ WI-FI情報
at 2017-06-22 02:05
Fashion Outlet..
at 2017-06-20 07:59
幼児と一緒にハワイ旅行 -飛..
at 2017-06-15 15:26
NJで気球体験!The Qu..
at 2017-06-14 23:59

こちらもクリック♪

AmnetNY なう

カテゴリ

全体
★超お得! キャンペーン★
【重要なお知らせ】
【連載】 タビテツ
Disney☆攻略法
クルーズ
おすすめホテル
お子様連れのご旅行
ミュージカル・ショー
イベント
アムネット楽楽バスツアー
航空券・航空会社情報
●東海岸
●ニューヨーク
NYCグルメ情報!
NYC隠れ観光スポット
NYのお土産♪
おすすめ米国グッズ
●ボストン
●アメリカ南部
●アトランタ/ジョージア
●シカゴ・中西部
●西海岸
国立公園
●ロサンゼルス
LAグルメ情報!
●ハワイ
●日本
●中南米
●ヨーロッパ
●アジア
●カリブ
気分転換
ツアー情報
お役立ちサイト
●ラスベガス
ごあいさつ
●サンディエゴ
日本お土産
カナダ
コロラド周遊旅行
エジプト
★Amnetスペシャルツアー★
NYオプショナルツアー
バケーション
ちょっと珍しいかも
日常
【Cuba】キューバ情報
未分類

最新のコメント

ソアリンやテストトラック..
by amnetnewyork at 07:14
はじめまして。 この記..
by ミカリン at 23:52
仕事が大井町で昔、行きま..
by ノリ at 18:36
東京の京急電鉄と相模鉄道..
by まいんど at 20:56
こんばんは。 はじめて..
by kazu at 19:18
はじめまして。 ち..
by あーさん at 23:43
あけましておめでとうござ..
by 優花 at 14:57
在来の自動改札は途中駅で..
by イヴサンローラン at 09:33
>まゆみ様 コメントあ..
by amnetnewyork at 05:41
KRIGLERの南青山店..
by まゆみ at 23:49

タグ

(223)
(200)
(182)
(95)
(94)
(57)
(45)
(40)
(37)
(36)
(34)
(28)
(26)
(26)
(26)
(24)
(23)
(14)
(14)
(13)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

画像一覧