カテゴリ:●中南米( 7 )

今最も大注目の国! キューバへ! ①

いま最も話題になっている国、CUBA。
54年ぶりの国交復帰。

これに伴い、猛スピードでアメリカナイズされてしまい、古き良き時代のキューバを見ることができなくなってしまうのではないかと心配される方も多いはず。
アメリカ資本が入って雰囲気が変わる前に行ってみたい!
と弊社のVacation課に最近お問合せいただく機会が増えています。

というわけで、就航したてホヤホヤのフライトに乗って、キューバに旅行に行ってまいりましたので、シェアさせていただきます♪

2016年12月初旬から、米国各都市からハバナまで、フライトが就航を開始されました。
現時点では、NY・JFK空港発のJetBlueとDelta, Newark空港発のUnited、Miami空港発のAmerican航空が運航されています。
来年からは、SouthwestやSplit, Alaska航空などが続々路線開設が予定。
ますます、人気の旅行先になりそうです。049.gif

米国各都市発ハバナ空港行きの飛行機が就航している・就航予定の航空会社:
American/ Miami
Delta/ JFK
Southwest/ Fort Lauderdale, Tampa
JetBlue JFK (Fort Lauderdale/ Orlando)
Split Airlines/ Fort Lauderdale
United/ Newark NJ
Alaska Airlines/ Los Angeles (from January 2017~)

今回は、JetBlueのJFK発Havana行きのフライトに乗ってみました。

JFK>Havanaまでは飛行時間が4時間7分、Havana>JFKまでは3時間13分。
マイアミに行くのとほとんど変わらない時間帯で、Cubaに行くことができてしまうのです!

JetBlueでは、キューバ行きの場合、空港へ出発時間の3時間前までに到着していることを推奨しています。
ということで、朝6時には空港着。

通常、チェックインは米国内線・国際線にかかわらず、JetBlueのターミナル5の出発ターミナルですることができます。
もちろん、普通の路線の場合は、出発24時間前からオンラインチェックインも可。
数か月前、同じくJetBlueでコスタリカに旅行に行った際は、オンラインではチェックインができませんでしたがキオスクではできました。
今回もオンラインチェックインができなかったため、キオスクに行ってチェックインをしようとしたところ、
「このフライトは、キオスクでのチェックインができません」
という表示が。

近くに立っていた空港係員に確認したところ、専用のチェックインカウンターに行きなさい、とのこと…
ざっくりと、「あっち側」としか教えてもらえず、点在する係員に度々聞く羽目に。

結果からすると、通常の出発ターミナルではチェックインができず、出発ターミナルの下のフロアにキューバ行きの専用チェックインがありました。
エスカレーターを降りると、目の前に目立つようにサイン。

e0161692_05033119.jpg
e0161692_05040284.jpg
チェックインカウンターにたどり着く前にVisaの申請用の14項目の紙を係員が配っていました。

e0161692_05042738.jpg
e0161692_05044097.jpg
e0161692_05050145.jpg
係員の目の前でこの紙を記入。それと同時に、免税の紙と、健康上の調査書を渡されます。
その後、初めてチェックインカウンターに通されます。
チェックインカウンター受付は6つほど。
上の階のチェックインカウンターやBaggage Dropはいつも長い列に並んで待つ必要があります。
が、こちらの航空会社スタッフが比較的多く待機しているも、チェックインする人が少なかったです。
荷物も、その場で預けるので、移動もなくてスムース。
JetBlueは荷物は1つまで無料で預けられます。

チェックイン時に、VISAは買ったのか?と質問をされます。
買っていない、と伝えたところ、$50でVISAを発行してくれました。
クレジットカード・デビットカードでのみ精算可能ですのでご注意を。

e0161692_05055433.jpg
チェックインが終了すると、再度上のフロアに戻ってセキュリティを通過します。

JetBlueは、もともとLCCの位置づけのある航空会社ですが、サービスの充実度からすると、決してLCCとは思えません。
機内は、Wi-Fiも無料。これはありがたい♪003.gif
お座席も、小柄な日本人には席もゆとりがあるので、Extra leg roomを購入する必要はないのでしょうか。
もちろん、背の高い方はいいのかもしれませんが…
e0161692_05124461.jpg
たった4時間の飛行で、未知の世界のキューバに到着。
e0161692_05161117.jpg
隣のゲートでは、AmericanとDeltaの機材を発見!

ここで空港の外に出るまでの手順を。

入国審査 → 手荷物検査 (セキュリティ通過) →
健康調査書をブースに立っているお医者さんに提出 →
Baggage受け取り → 関税の紙を渡して外に出る

なぜか、入国審査の後に手荷物検査…
他の国やアメリカではないですよね。

e0161692_05535665.jpg

入国審査では、特に滞在目的などに関しては聞かれず、名前を呼ばれた上で、顔写真を撮られたのみ。
ここで、Visaの紙の半分が切り取られます。
残りの紙は、出国の際に取られるので、なくさないようにご注意を。

ちなみに、旅行中はパスポートはもちろん、アメリカからハバナに入ってきたときの搭乗券の半券をもっておくことも推奨されています。
これは、キューバに入国する際は旅行保険に加入が必須ですが、この旅行保険代金($25)が航空券購入時に税金の一部として組み込まれているためです。

入国審査ではそこまで待ちませんでしたが、手荷物検査にかなり時間がかかります。

e0161692_05544293.jpg

セキュリティのエージェント、ジーンズにTシャツとかなりカジュアル。
制服を着ている方も多いですが、空港職員の制服は女性はミニスカに網タイツが
キューバ流オシャレのようです。

約25分ほど待って、ようやく通過。
ハバナ(José Martí)空港の感想としては、ちょっと大きめの地方都市の駅、でしょうか。

ここでUSドルから外国人が使う兌換ペソ(CUC、クック)に両替。
両替する場所は、空港の外に出てすぐにあります。
e0161692_05565626.jpg
が、3つある窓口のうち2つが埋まっており、両替するのに待つこと40分近く。
これはキューバンタイムなのか、それとも共産国特有の商売っ気がないせいなのか…
国内ではUSドルはほとんど受け付けてもらえない+市内で両替できるような場所がなかった+銀行やATMを見かけなかったということで、
待ち時間はかなり長いですが、空港で両替しておくことを強くお勧めします。

いよいよ市内へ、というところですが、長くなりますのでまた次回‼

by amnetnewyork | 2016-12-14 05:59 | ●中南米 | Comments(0)

メキシコ世界遺産!グアナファト

メキシコには実は世界遺産が30以上もあります!知っていましたか?034.gif
その美しさや歴史的背景から遺跡はもちろん、町全体が世界遺産に登録されているところがあるほど!

中でも群を抜いて美しい町とされるのが、グアナファトという町です。
メキシコの中部に位置する小さい町です。一番近い空港はレオン空港(BJX)、そこから1時間東に車で向かった場所にあります。公共のバスもありますが、タクシーが便利です。

◆◇◆メキシコ・グアナファト豆知識◆◇◆
メキシコはその昔、銀山に恵まれ、グアナファトは中でもスペイン植民地時代のコロニアル建築で有名な町です。小さな町ですが、歴史的な市街地と近辺の銀山は世界遺産にも登録されています。



町はとても小さいので1日で十分廻れます。町の中心となるラパス広場を拠点にとにかく色々と自分の足を散策してみてください。カラフルな家々やお店が立ち並び、その様は正にスぺリンのどこかの小さな町に来たかのよう!

e0161692_2365697.jpg




そして、ピピラの丘と呼ばれる小高い丘から見る景色が有名で、特に夕方は絶景になるんです!
こちらが日中から夜にかけてピピラの丘から見渡すグアナファトの町です。真ん中に見える黄色い建物はカテドラル(大聖堂)で、この大聖堂の前がラパス広場です。

e0161692_2385031.jpg

e0161692_2391193.jpg
e0161692_239559.jpg

e0161692_2502990.jpg


ホテルはこじんまりとしたブティック系が多く、建物やデザインもとてもかわいらしい016.gif

e0161692_252953.jpg

e0161692_2564149.jpg

e0161692_2524278.jpg


ラパス広場は24時を過ぎても人が多く、治安も良いです。カフェやレストランもお洒落な場所が多く、散策しながら、ふらっと立ち寄って自分のお気に入りを探すのもひとつの楽しみですね!

アムネットでは、グアナファトを含むツアーや、グアナファトへのフライト、ホテルも取り扱いございます。053.gif001.gif053.gif
by amnetnewyork | 2016-08-05 02:59 | ●中南米 | Comments(0)

Hyatt Ziva Cancun

旅行会社のスタッフ、誰もが旅行好きです。
在米歴気が付いたら16年、恥ずかしながら、王道の大人気旅行先、メキシコのカンクンに行ったことはありませんでした。
が、とうとう、行く機会に恵まれました!

旅行というと、飛行機の手配からホテルの手配など、やることはいっぱいですよね。
飛行機での移動ももちろんですが、ホテルも快適に滞在できるかどうかは重要なことです。
ホテルのロケーションやアメニティも気になるところ。

今回、カンクンで滞在したのは、Hyatt Ziva Cancun

カンクンは数字の7が島の形になっています。

e0161692_2352723.jpg


Hyatt Zivaは、その島の7の曲がり角に位置しています。

e0161692_2441318.jpg

7の角の灯台もこんなに近くに見えます。(写真はAdult onlyの屋上プールからパシャリ。すごい絶景でした!)
e0161692_4185577.jpg


Hyatt Zivaでは、All Inclusiveを満喫することができます。
このホテルは、近年リノベーションされたばかりなので、本当にきれいでした。
e0161692_2501655.jpg

お子様用プールも完備。
e0161692_2524895.jpg

スイーツ専用のお店や、このホテルが作っているオリジナルのBrewery、コーヒーショップ、イタリアン・フレンチ・メキシカン・アジアンフュージョン、バフェなどのさまざまなレストランや、いたるところにあるバーなど、もちろんall inclusiveなので自由に楽しめます。
しかも、試したレストランのレベルの高さにびっくりしました。
今回の旅では、外で食べたのはツアーに含まれていたランチのみ。
すべてが大満足の食事内容で、食通の方も満足いただけること間違いなし。

e0161692_2445415.jpg


このホテルの売りは、5匹のイルカ。
ホテルの部屋の前がいるかの住んでいるプールです。(写真↑)
各部屋にはバルコニーが付いていて、バルコニーでのんびりしていると、イルカがすいすい泳いでいるのを眺めることもできます。

お部屋のアメニティの中には、オーガニックの虫よけスプレーなど、他では見たことのないものもあったりと、心憎い気遣いも。

奇麗な海に、奇麗なホテル施設。
ホテルのスタッフはみなさんニコニコとされていて、アットホームな雰囲気も味わえます。
カンクンにはたくさんのホテルが乱立していて、それぞれのホテルが趣向を凝らしています。
ほかのホテルに泊まったことは残念ながらないので比較はできませんが、個人的には非常に快適に宿泊できましたのでお勧めです。

Amnet Vacationデスクでは、カンクンのさまざまなホテルのご予約もお手伝いしています。
是非お問合せください~!
by amnetnewyork | 2016-07-21 09:48 | ●中南米 | Comments(0)

ププサ

年始のコスタリカ旅からの帰り、手違いにより経由地のエルサルバトルで6時間待ちに・・・。

e0161692_7225584.jpg


転んでもただでは起きない私はトランジットで入国にチャレンジ。
治安が悪いなど、●●の歩き方にも書いてあったのでどきどきしていたのですが
入国審査官もどこかの国に比べれば、ずいぶんフレンドリー。

フレンドリーさもあって友人もズケズケと
「空港から2時間ほど出かけたいけれど、ローカルフードのププサの美味しいお店ある?」
それに対しても審査官は笑顔で応対してくれ、難なく入国。

LA PAZという町が空港から近く、おいしいレストランもあるとのことで
タクシーを利用して、タクシーの運転手さんお気に入りのお店に連れてもらうことに。

e0161692_7245113.jpg


e0161692_7261767.jpg


さてププサとはですが、ププサはエルサルバトルの名物食べ物でコーンか小麦粉で
できたパンケーキみたいなもの。トルティーヤに近いです。
その生地の中にはかぼちゃ、チキン、ポークが入ったりします。
食感は日本のおやきに近いものがありました。

e0161692_7255172.jpg


味は素朴で美味しく、運転手さんも入れて合計5人で10枚、ビール6本、ジュースなど
込みこみで合計17ドルでした。
ちなみにエルサルバトルは米国ドルを使用しているのでとても便利。

まったく知らない食べ物だったのですが、ロサンゼルス界隈では比較的簡単に
食べられるようです。yelpにpupusaと入れればたくさんお店がでてきます。
是非試してみてください。

ちなみにエルサルバトルの首都サン・サルバドルはTACAエアラインの人も
行かないほうが賢明と言われるほど治安が良くないのでご注意を。
by amnetnewyork | 2012-01-21 07:34 | ●中南米 | Comments(0)

レンソイス・マラニャンセス国立公園

ブラジルの観光名所というと観光都市、そしてリオのカーニバルで有名なリオ・デ・ジャネイロ、世界三大滝の一つイグアスの滝、そしてアマゾン川流域のマナウスなどがあります。私の今までの観光スポットの中で 最も秘境中の秘境をご紹介します072.gif
e0161692_514346.jpg
↑レンソイス・マラニャンセス国立公園の最寄空港、バヘリーニャス空港に到着間際の上空から撮影↓
e0161692_5505742.jpg
レンソイス・マラニェンセス国立公園は、ブラジル北東部のマラニャン州にあり、州都のサン・ルイスから東へおよそ260キロ離れています。この国立公園は大西洋に面して広がる白い砂丘で、その広さは東京23区、2つ分強だそうです。
e0161692_5335559.jpg
ご覧の通り、でかいですよね~005.gif          ↑サン・ルイスからフォルタレーザ行きのTAM便より撮影
e0161692_5374687.jpg

砂丘には風によって造られる滑らかな凹凸があり、
e0161692_5392851.jpg
雨季(1~6月)の時期になると、そのくぼみに水が溜まり数百のエメラルド色の湖が出現します。
e0161692_542349.jpg
中には直径2、3キロに達する湖もあります。この現象がこの国立公園の特徴なんです。
e0161692_544239.jpg
ブラジルに行く際には是非お時間を作ってこのレンソイス・マラニャンセス国立公園の神秘を体感してみてください040.gif
by amnetnewyork | 2011-09-23 06:38 | ●中南米 | Comments(0)

南米旅行part.2 ~リオデジャネイロ・ブラジル~

南米旅行part.2

ブエノスアイレスからGol airに乗りリオデジャネイロへ。

4泊5日のリオ滞在。
e0161692_1415081.jpg

私はIpanemaビーチとCopacabanaビーチの境目の辺り(Ipanema側寄り)に宿泊。
CopacabanaよりもIpanemaのほうが落ち着いててcozyなビーチです。家族連れやカップル向け。地元の人もIpanemaのほうが多いです。一方Copaのほうは観光客や若者グループ向けです。

早速綺麗な地下鉄メトロに乗ってCentroエリアへ。地下鉄は1回R$2.80(約US$1.60)。
Centroにあるカテドラル・メトロポリターナ。ステンドグラスがとても綺麗です。
e0161692_13194655.jpg


e0161692_1319759.jpge0161692_13192751.jpg

次はバスに乗り、キリスト像で有名なコルコバードの丘へ。リオ市内を往復しているバスがたくさんあるので一度乗り慣れると非常に便利です。
e0161692_13312690.jpg
e0161692_13314220.jpg


そして、BotafogoとCopacabanaの間にあるポン・ジ・アスーカル(Sugar Loaf)。ロープウェイに2度乗り、小高い小島頂上へ・・・。
e0161692_13351979.jpg
e0161692_13353434.jpg

3大観光名所はまぁこんなものです。頑張れば一日で観てまわれます。


さて、最後に今回の旅行一番の目的、リオのカーニバル
私は上位入賞チームのみが踊るチャンピオンパレードというのを観に行ってきました。
まず、カーニバルのチケット。これは事前に公式ウェブサイトや旅行会社から購入しておくことも出来るのですが、私は当日入り口付近でダフ屋から購入。
これがseating Map。Sectorごとに価格が異なり、US$120~$1000以上から販売されてます。
e0161692_13503560.jpg

ただ、カーニバルスタート地点にあるSector1のチケットだけは一般市場では販売されていません。ここは所謂Samba Schoolに関係する人達(家族等)用の席で、彼らは学校から無料でチケットを配布されています。それらのチケットがダフ屋によって会場入り口で売買されてるというからくりです。元々タダの物を売買するので格安で買える、という訳です。私はUS$30位で購入出来ました。
一般席だと観光客ばかりでイマイチ盛り上がりに欠けるそうなのですが、Sector1のSamba school席は熱気ムンムンでした。
では、カーニバルのほんの一部を・・・。
e0161692_1443230.jpg
e0161692_1444697.jpg
e0161692_145342.jpge0161692_1454773.jpg

e0161692_1462455.jpg
e0161692_1464364.jpg
e0161692_147230.jpg

e0161692_1427646.jpg

e0161692_1474720.jpg


夜9時に行きましたが夜通しパレードがあり、全部見終えて宿に戻ってきたのはもう明け方6時半。観客側も体力勝負です。

最後に軽く食べ物編。
これ、Acaiというフルーツジュース。
e0161692_142954.jpg
健康に良いと一時日本でも流行りましたね。味はオリーブのようでしたが美味です。
そしてIpanemaのSunday Market屋台よりアカラジェ
e0161692_14312775.jpg
e0161692_143143100.jpg

リオにはキロと言って所謂量り売りのレストランもたくさんあるのでちょこちょこ色々試してみたい方にはお薦めです。e0161692_1433312.jpge0161692_14334517.jpg


ブラジルのリオは治安が悪いとか引ったくりに遭ったとかあまり良い体験談を聞いてなかったのでかなり不安だったのですが、リオに25年住んでいるホステルオーナーに「今年のリオは過去に例を見ない位安全で治安が良くなっているよ」と言われました。
確かに街中には警察がたくさん治安安全のために巡回していて思ってたよりも安心して散策出来ました。ただ、Lapaという所謂バー等が立ち並ぶエリアがCentro近くにあり週末は賑わっていますが、このLapaエリアだけは「ヤバい。危険。」と思いましたのでご注意ください。

今回の宿泊先はRio Dolphin Inn。Tripadvisorのレビュー通りすごくアットホームで優しいオーナーでした。ロケーションもIpanema&Copa beach徒歩圏内、地下鉄駅1ブロック先という最高な場所。私は彼らのホステルではなく彼らが所有しているapartment roomに滞在し一泊US$120でした。なのでリオで一人暮らししている感覚で滞在を楽しめました。


これからオリンピック、サッカーと未来のイベントが目白押しなリオ。是非カーニバルの時期に合わせて訪れてみてください。(ブラジルビザの事前取得を忘れずに・・・・)
by amnetnewyork | 2010-03-09 15:01 | ●中南米 | Comments(2)

南米旅行part.1 ~アルゼンチン&ウルグアイ~

先日、南米旅行に行ってきました。
「危険、危険」と周囲から言われつつ、今回もまた女一人旅です。

日程は
アルゼンチン・ブエノスアイレスで6泊
ブラジル・リオデジャネイロで4泊

今日はPart1として、アルゼンチン・そして日帰りで訪れたウルグアイ旅行記です。

JFK発のLAN航空でチリ経由ブエノスアイレス入りをしました。
ちなみにLAN航空ですが、機内食はXでしたが映画のセレクションは45本もありました。

e0161692_4194491.jpg
ブエノスアイレスは大まかに上記Mapのようにエリア分けされています。私はSan Telmoエリアに宿泊していましたが、非常に便利なエリアでした。宿泊するのであればSan Telmo, Centroエリアをお薦めします。


エリア別の見所は、
La Boca・・・・カラフルな色に塗られた家が並ぶカミニート、サッカースタジアム。
e0161692_3534125.jpg
e0161692_3541461.jpg

La Bocaにある屋外レストランでBeef Chorizoを堪能。
e0161692_3544226.jpg

e0161692_3551314.jpg
この茶色っぽいBBQスパイスソース、チミチュリ(chimichurri)をつけながら食べるとものすごく美味しい。ここのレストランのチミチュリがあまりにも美味しかったので、お店の人にお願いしてペットボトル1本分売って貰った私。食い意地根性発揮です。


San Telmo・・・ドレーゴ広場では日曜に骨董品市が催されます。
e0161692_3564940.jpg
e0161692_3571347.jpg
広場付近にもたくさんの骨董品を扱うお店が並んでいるので週末以外でも楽しめ、またbarもたくさんあるので夜も楽しめます。ヒッピーぽい人達が道端で手作りの物を売ってます。

Centro・・・・所謂ショッピング街。メインのフロリダ通りは人込みが激しい。買い物に興味無い私はあまりこのエリアは行きませんでした。通り過ぎるのみ。

Recoleta・・・エビータのお墓があることで有名な観光場所。
e0161692_3581421.jpg
e0161692_3582959.jpg
墓地の周りは高級住宅街で、お洒落なレストランやオープンテラスのカフェがたくさんあります。私はCentroエリアから徒歩で墓地まで歩きましたが大体20分位で到着しました。


Palermo・・・・ここへは地下鉄に乗って行きました。
e0161692_3592591.jpg
地下鉄は1回ARS$1.10(約US$0.30)。安いです。でも冷房効いていません。あと、乗ってる時にいきなり車内で物を乗客に配り始める人がいて、一瞬「タダで貰えるのかな?」と思ったのですが、すぐに回収しにきます。どうやら一旦乗客に商品を渡し、気に入ったら乗客からお金を貰いその場で販売。いらない人からはまた回収して回るようです。Palermoには動物園や植物園があり、Palermo Sohoエリアはお洒落な雑貨や洋服店が並んでいてウィンドーショッピングが楽しめます。
e0161692_404475.jpg



ブエノスアイレスから日帰りでウルグアイのコロニア・デル・サクラメントに行けるという情報を旅行直前に仕入れたので、急遽立ち寄ってみる事にしました。
Puerto MaderoからBuquebusというフェリーが出ていて、私は片道1時間のフェリー往復予約し、大体US$70位でした。
e0161692_413592.jpg

予約は、前日にフェリー乗り場に行き直接受付カウンターで予約を入れました。

コロニアはユネスコ世界遺産にも登録されているだけあって、古き良き町並みが綺麗に残された小さな観光地です。フェリー乗り場の人にも「3~4時間もあれば充分観光できるから」と言われ、てくてく徒歩散策。
e0161692_4214523.jpge0161692_4215940.jpg

e0161692_4223514.jpge0161692_4225385.jpg

e0161692_4233347.jpg
すごくのんびりしたCOZYな町なので、ブエノスアイレスの喧騒に疲れた際に日帰りで行ってみてください。



ブエノスアイレスは古き良きヨーロッパを思わせる雰囲気が残っており人も皆親切でしたが、予想以上に英語が通じなかったです。(空港職員ですら英語喋れませんという人がいます)

物価はまちまちで、例えばビール・ワイン・タバコ・交通機関等はすごく安かったけど、カフェ飲むコーヒー類や食事は普通にアメリカとあまり変わらない位の値段設定でした。

ちなみに私が今回宿泊したのはAyres Porteños hostel。ここはドミトリータイプの部屋もあれば、完全個室の部屋もあり、バスルーム&キッチンだけがシェアというタイプ。私は個室で一泊US$20でした。無料で使えるInternetやWifiもあり、しかも朝食付なのでお薦めです。


都会でありながらのんびりした雰囲気もたくさん残るこの町で南米旅行をスタートしたのは正解でした。
皆さんも是非行ってみてください。
by amnetnewyork | 2010-03-04 04:30 | ●中南米 | Comments(2)


『体験と感動のアムネット』NY、LA、シカゴを中心に、アメリカでの生活便利情報を毎日配信中! ☆★☆ WEBサイトは www.amnet-usa.com


by amnetnewyork

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

[DCL]ディズニー・クルー..
at 2017-04-28 06:18
[WDW]映画「アバター」を..
at 2017-04-22 07:28
ボストン市内観光
at 2017-04-12 02:19
Anime Boston 2..
at 2017-04-06 05:13
白梅HAKUBAI 和食がユ..
at 2017-03-29 05:37

こちらもクリック♪

AmnetNY なう

カテゴリ

全体
★超お得! キャンペーン★
【重要なお知らせ】
【連載】 タビテツ
Disney☆攻略法
クルーズ
おすすめホテル
お子様連れのご旅行
ミュージカル・ショー
イベント
アムネット楽楽バスツアー
航空券・航空会社情報
●東海岸
●ニューヨーク
NYCグルメ情報!
NYC隠れ観光スポット
NYのお土産♪
おすすめ米国グッズ
●ボストン
●アメリカ南部
●アトランタ/ジョージア
●シカゴ・中西部
●西海岸
国立公園
●ロサンゼルス
LAグルメ情報!
●ハワイ
●日本
●中南米
●ヨーロッパ
●アジア
●カリブ
気分転換
ツアー情報
お役立ちサイト
●ラスベガス
ごあいさつ
●サンディエゴ
日本お土産
カナダ
コロラド周遊旅行
エジプト
★Amnetスペシャルツアー★
NYオプショナルツアー
バケーション
ちょっと珍しいかも
日常
未分類

最新のコメント

ソアリンやテストトラック..
by amnetnewyork at 07:14
はじめまして。 この記..
by ミカリン at 23:52
仕事が大井町で昔、行きま..
by ノリ at 18:36
東京の京急電鉄と相模鉄道..
by まいんど at 20:56
こんばんは。 はじめて..
by kazu at 19:18
はじめまして。 ち..
by あーさん at 23:43
あけましておめでとうござ..
by 優花 at 14:57
在来の自動改札は途中駅で..
by イヴサンローラン at 09:33
>まゆみ様 コメントあ..
by amnetnewyork at 05:41
KRIGLERの南青山店..
by まゆみ at 23:49

タグ

(222)
(198)
(182)
(95)
(94)
(57)
(45)
(40)
(37)
(36)
(33)
(28)
(26)
(26)
(26)
(24)
(22)
(14)
(14)
(13)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

画像一覧