カテゴリ:国立公園( 16 )

グランドキャニオン・サウスリムとパワースポット・セドナ

先日、3泊4日でグランドキャニオンとセドナに行ってきました。
当初はセドナだけの予定でしたが、せっかくなのでルートを変更しグランドキャニオンにも急遽行くことに。
10年ぶりのグランドキャニオンでしたが、以前行った際はノースリムだったので、景色がまったく違いました。
e0161692_7384364.jpg

7月末ということもあり、そこまで混みあってませんでした。

e0161692_740922.jpg

なんとなく地球は丸い?と感じました。

e0161692_7413361.jpg

左の岩山に飛び乗りたかったのですが、さすがにやめときました。

e0161692_742534.jpg

岩山に飛び移れなかったので、崖の端でまったりしました。

グランドキャニオンで2時間程過ごして、その足でセドナへ。
セドナに到着したのは丁度日没前。誰でも気軽に行ける、ボルテックス、エアポートメサに行きました。

e0161692_9252935.jpg

エアポートメサのボルテックスにはフリーメーソンロッジがあり、十字架がセドナの町に向けられています。
少し気味悪くなったので、写真には収めていません。因みにですが、その十字架の所に一人の女性がお祈りをしてました。後ほど知ったのですが、毎週月曜日の夜7時から、そこで集会があるそうです。エアポートメサに着いた日は月曜日でした。向かい側のボルテックスはサンダーマウンテンと言われ、ディズニーにある、アトラクションの一つ、ビッグサンダーマウンテンはここがモデルという説も。

翌日、ボルテックスの一つで、レッドロッククロッシングに行ってきました。家族連れが多く、川遊びをする人も多くいました。
e0161692_9563018.jpg

川に写り込むボルテックスは絶景でした。

その後、チャペルオブザホーリークロスを訪れました。
信じるか信じないかはあなた次第ですが、建物の中に入ると気分が悪くなってしまいました。
e0161692_10222651.jpg

セドナに行く際は訪れて見て下さい。

残りの日にちは、ボルテックスをハイキングしました。
e0161692_1023546.jpg

面白いことに、ボルテックスを見る角度や、天気によって見え方が変わってきます。

グランドキャニオンもそうですが、特にセドナはパワースポットだと思いました。
10年後、もう一度セドナを訪れたいと思います。
by amnetnewyork | 2015-08-08 10:54 | 国立公園 | Comments(0)

Mammoth Cave in KY

マンモスケーブに行ってきました♪
「マンモスケーブとは何ぞや?」という方のために簡単な説明を・・・。
アメリカの国立公園の一つで、世界でもっとも長い洞窟です!!
 ↓ケンタッキー州にあります。
e0161692_7245131.png

洞窟も大きいのですが、国立公園も大きいので、公園の看板を発見した後もしばらく運転します。
e0161692_729093.jpg

かなり大きい洞窟のため、洞窟で迷子になると救出に半日以上かかることもあるため、チケットを購入してのツアー参加になります。
ツアーには難易度があり、難しいものだと指定された格好でないと参加できないものもあります。

私は難易度の高いものに参加したかったのですが、既にチケットが売り切れていました。事前の問い合わせをするべきでした。ガックリ・・・。

悩んだ結果、2時間で2mileほど歩く「Historic Tour」に参加しました。
ツアーには開始時間の設定があり、私は1時間程度待たなければならなかったので、周辺を探索!!近くにコテージがあり、トレッキングコースも発見しましたが、十分な時間がなかったため断念。やはり事前の調査が大切ですね!!
e0161692_7293595.jpg

Historic Tourの洞窟の入り口はこんな感じです。
小さい子供からお年寄りまで大人数でズラズラと順番に入っていきましたが、洞窟に入るとヒンヤリと肌寒いです。
e0161692_7302429.jpg

数回か立ち止まってガイドさんの話を聞いたり、質問をするチャンスもありますが、結構歩きます!!
e0161692_731378.jpg

大きい道もありますが、狭い道もあるので、体が小さい私はラッキーでした。
Historic Tourはたくさん歩きますが、健康に問題ない方であれば参加できるレベルでした。
e0161692_7312329.jpg

洞窟の中は涼しいので、熱い夏にはいい観光場所ですね!
Historic Tourは15ドル前後でしたが、私は満足できました。
皆さんも是非一度チェックされてみては?

Mammoth Caveのリンク
http://www.nps.gov/maca/index.htm
by amnetnewyork | 2015-06-10 08:27 | 国立公園 | Comments(0)

ワイオミングの”グランドティトン国立公園”

ワイオミングの国立公園といえば間欠泉や温泉があるイエローストーンが有名ですが、直ぐ隣にグランドティトン国立公園があります。

e0161692_9533069.jpg

まず早起きをして、オクスボーベントへ。早朝は風がおだやかなため、このように美しく山が反射します。

e0161692_9501736.jpg

次はアンテロープフラット・ロードです。絵葉書などでよく見られる19世紀に入植したモルモン教徒の住居跡が残る有名なスポット。映画『シェーン(1953)』でも有名です。


「シェーン!戻ってきて!」で有名なエンディング(知らないか)

e0161692_9504376.jpg

国立公園内は車で移動しますが、バッファローが沢山おり、バッファロー渋滞がいたる所で起こっています。

e0161692_951412.jpg

折角なのでトレッキングをしました。かなり思い切って登った所で見つけた場所は、音が全く無い美しい世界に魅了されました。結果8時間ほど歩きっぱなしでしたが大満足。

e0161692_9512599.jpg

下山道の途中、かさかさと何か物音が茂みの中を移動しています。恐る恐る様子を見ていると、なんとブラックベアーが現れました。幸い母熊不在の小熊でしたが、このハプニングの為、私達より後から来た登山客も足止めになり、ワイワイ騒いでブラックベアーを追い払いました。ブラックベアーは殆ど草食のため、それ程危険はないのですが、怖いのは肉食のグリズリー。このように熊に遭遇することがあるので、各所で熊よけスプレーが売られています。でもこれが45ドルと高すぎ(なかにはレンタル制で安くしているところもあります)。

絶景、熊遭遇。今回の経験はある程度無理をした時に起きました。やはり貴重な体験は、無理をしないと出来ませんね(だからと言って無茶しすぎはいけません)。

Grand Teton National Park
by amnetnewyork | 2014-11-16 10:06 | 国立公園 | Comments(0)

洒落にならない状況になりかけたアーチーズ国立公園

アメリカグランドサークルの1つ、アーチーズ国立公園で、洒落にならない状況に陥った話。

e0161692_881687.jpg


まず映画『127時間』の予告編をどうぞ。



これはユタ州のキャニオンランズ国立公園に出かけた若者が、トレッキング中に落下し、岩と壁の間に腕が挟まって出られなくなり、最後には自らの右腕を切断して脱出、救出される実話を元にした映画。日本から来た友人は、この映画、原作の虜になり、グランドサークルに来たかったそうだ。

さてアーチ状の岩が聳え立つトレッキングコースを進んでいくと、目玉のダブルアーチが姿を現しました。人はもっと近づいてみたいと思うもの。そして近づくと今度は更に登ってみたくなるもの・・・まさかあのような状況に陥るとは知らずに。。。

アーチの上に登るには迂回して裏側から登っていく必要があります。この時、アーチの下までは沢山居た観光客の数が、異様に少なくなっている事に気づきます。そりゃぁそうです。まず危険だからです。アーチの上に近づくと、向こうからおじさんがやって来ました。「さっきまでアーチの中央まで到達したよ。君なら出来る!」そう声を掛けられました。

e0161692_891950.jpg


この写真の赤の矢印が見えるでしょうか。まず天辺の真ん中に到達する前の地点です。左側からすべり降りました。そして下りた瞬間に思いました。「やばい」と。下の写真は裏側から見た状態です。実際登ってみるとなかなかの高さです。この写真内の人のサイズを見てみてください。

e0161692_8112425.jpg


なぜ”やばい”のでしょうか。それは、戻るには滑り降りてきた岩肌を登る必要があるのですが、岩肌には足場になるような突起が殆ど無く、簡単に戻れないからです。もうアーチの中央まで行こうなどの目的も消えうせ、気づけば足が震えていました。

映画『127時間』で表現されていましたが、人は窮地に陥る、極端に言えばには死を迎えると、これまでの事が走馬灯のように巡ったり、いろんな事を想像してしまうようです。まさにこの時がそうでした。足が折れることを犠牲にして飛び降りることを考えたり、人に救助を求めてヘリコプターを呼んでもらう妄想など、パニックになりました。5分ほど気持ちを落ち着かせ、まずは冷静になり、震える足を押さえて来た岩肌を見ます。そうすると微妙に突起があることが分かります。しかし手や足を掛けるにはあまりにも小さすぎます。

薄い氷の上を歩く時、寝そべると体重が分割されて均等に体重がかかります。また多くの面積が触れるため、ある意味はりついた状態になりやすい。そんな感じで体をなるべく岩肌に密着させて、少しずつ体をずらしながら時間をかけて這い蹲りながら登っていき、なんとか助かりました。

最初に会った中央まで登ったというおじさんは多分素人ではなかったでしょう。国立公園には一般の観光客もいますが、玄人もいます。多分彼は手馴れた人だったと思います。おだてられ、舞い上がって進んだことが仇(あだ)となりました。

さっきまで『127時間』の話をして自然で救助も求められない状況の孤独さなどを語っていたばかりなのに、その直後に同じ状況になろうとは。アメリカの国立公園は下手をすれば危険も伴う良い教訓となりました。『127時間』も同じ国立公園内で起こった出来事ですから。

アーチーズ国立公園
by amnetnewyork | 2014-04-08 09:00 | 国立公園 | Comments(0)

ザイオン国立公園 ナローズ編

 初めてユタ州のザイオン国立公園に行って参りました。ここには水に浸かりながら進むという珍しいトレイルがあり、いつか行ってみたいと思っていたのです。しかし実際に行ってみてザイオン国立公園のスケールに驚かされました。園内にはいくつものトレイルがあり、その1つ1つを制覇するには1日がかり、約1週間かけてゆっくり巡る方も多いのも納得です。

 園内には無料のシャトルバスがあり、それを利用して各トレイルの入り口まで向かいます(あまり写真がないので、ご勘弁を)。バスを降りて少し進んで行くと川が見え、ほとりには川の中を進むための杖があります。もちろん事前に準備する方もいます(売店で購入する事もできます)。ここでどれだけよい杖を入手できるかがポイントです。

e0161692_10533344.jpg

恐る恐る水の中に足を入れて、自分が進むルートを杖で足場を確かめながら進んでいきます。ちなみにサンダルは危険です!天気が良くて良かった!

e0161692_10535571.jpg

川の流れに逆らって行きますので、それなりに気張って。

e0161692_1161839.jpg

割と奥まで進むにつれ、岩間の間に入る光量が変わり神秘的な景色に。

 結局この日は往路3時間程進んだところで引き返す時間を考慮し、戻ることになりました。スタートが昼でしたが、本来はもっと早目が良いでしょう。雨が降り出すと、最悪鉄砲水と呼ばれる水かさが増して激流となる恐れがあります。この日は膝ぐらいでしたが、最悪上半身も浸かる場合も。カメラなど水に弱いものは不向きでしょう。また時期によってはあっという間に暗くなってしまいます。事故の責任は自己責任なわけです。そしてザイオン国立公園のたった1つのトレイルだけで、これだけ時間がかかるのですから改めてスケールの大きさに驚かされます。

e0161692_1163280.jpg

人間のサイズと岩の大きさを見てください。ビルが岩に変わったと思えば分かりやすいかと。

機会があれば是非行かれることをお勧めします。コンクリートジャングルに飽きたらロックジャングルへ!

*Zion National Park - The Narrows
http://www.nps.gov/zion/planyourvisit/thenarrows.htm

by amnetnewyork | 2013-11-26 10:00 | 国立公園 | Comments(0)

Las Vegas and Grand Circle

先日、ラスベガスとグランドサークルに行ってきました058.gif

一日目は、噴水で有名なベラージオに宿泊しました。
e0161692_12282492.jpg

噴水のショーは何度見ても感激です!!012.gif

夜はコスモポリタンホテルにある"Scarpetta"というイタリアンレストランで食事をしました。
なんと、こちらのレストランではベラージオの噴水ショーを見ながら食事できるのです!!016.gif
e0161692_12325731.jpg

(レストランからの景色)

暗い雰囲気で、おしゃれな店内。
料理も良かったですが、パンがとてもおいしかったです。
e0161692_13375946.jpg


二日目、レンタカーをしていざロードトリップへ!!

まずは、ザイオン国立公園。
e0161692_12363664.jpg


ザイオンは時期によって一般車は入ることができないので、園内を回るシャトルバス(無料)で移動します。

移動中もキャニオンの壮大な景色を堪能できます!
e0161692_12395215.jpg


私たちはシナワバ大寺院で下車し、1時間ほどトレイルを歩きました。
こちらのコースは坂道もない為、初心者の私でも楽しめました001.gif

e0161692_12435389.jpg


その後、アリゾナからユタのブライスキャニオンに向けて出発!

ユタ州はまだ寒く、氷点下6度。寒すぎます。035.gif
e0161692_12475760.jpg

湖の水面が凍りついています。。

二日目、ブライスキャニオン国立公園058.gif

朝早く行ったので、観光客が少なくて最高でした!!
ブライスキャニオンは一般車も通行できたので、車で園内を移動します。

e0161692_13311819.jpg

VIEWポイントがいくつかあります。

e0161692_1363517.jpg

壮大な景色に、私たちはただただ無言でキャニオンを見つめていました。
自然ってすごい。。

そしてページという町を抜けて、モーニュメントバレーへ。
モーニュメントバレーはナバホ民族の管轄で、モーニュメント(記念碑)に見えることからその名がつきました。


モーニュメントバレーを見た感想は、、、デカイ!!!!(写真の中央にある車と比較できます)
e0161692_13151830.jpg


車で移動しモーニュメントバレーを近くで見ることもできますが、遠くで見た方が迫力があって良かったです。

三日目、朝からアンテロープキャニオンのツアーに参加!
アンテロープもナバホ民族の管轄なので、ツアーでしか入ることができません。

気さくなガイドさんが丁寧に写真のスポットやうまく取るコツを教えてくれます。
カメラ好きの方にはお勧めです☆
e0161692_1319774.jpg


そして、ページから15分ほどのところにあるホースシューベンドにやってきました。

まさに巨大な馬のヒヅメ!!!
e0161692_1325215.jpg

迫力満点!

長いドライブの後ついにグランドキャニオン、サウスリム到着。
たくさんVIEWポイントがありましたが、時間もあまりなかったので何ヵ所か回りました。
やはりグランドキャニオンは広い。。。
e0161692_13281796.jpg

壮大な景色が果てしなく続いています。

気づけば日も暮れていて、、、私たちはラスベガスへと戻りました071.gif

今回の旅を通して、改めて自然の壮大さを実感しました。
たくさんパワーをもらい、小さな事でくよくよしてもしょうがない!!!そう思いました。

みなさんも息抜きにグランドサークルにいってみてはいかがでしょうか?
素晴らしい景色に、おいしい空気、とてもリラックスできると思います。
by amnetnewyork | 2013-04-09 12:21 | 国立公園 | Comments(0)

マイナスイオンを浴びるBonita Falls

Happy Halloween!070.gif
皆様はどんな仮装をされていますでしょうか?

先日ロサンゼルスから70マイル東にある砂漠地帯、San Bernardinoにホームパーティーがあったので足を運んで参りました。

外も暖かかった事もあり、San Bernardino National ForestにあるBonita Fallsまでハイキングをする事になりました。

砂漠地帯なのにここには渓流があり、爽やか。ここでバランスの悪い著者は木から落ちずぶ濡れに・・・・042.gif
e0161692_40871.jpg


滝までのハイキングはこのような岩の上を歩いていきます。周りの山々の景色が壮大です049.gif
e0161692_42428.jpg


さて苦労して30分程登った先に砂漠地帯とは思えない素晴らしい滝を見る事が出来ます。
e0161692_433388.jpg


写真では表しきれないのでビデオにて撮影しました。



是非一度足を運んでみてください。

地図はこちらから
by amnetnewyork | 2012-11-01 04:08 | 国立公園 | Comments(0)

癒しのセドナ パート2 ~高級リゾート編~

前回7月にご案内したセドナですが、今回はリゾートにスポットを当ててみました。 今回ご案内するのは ①L'Auberge de Sedona (ローベルジュ) と ②Enchantment Resort のセドナを代表する2つの高級リゾートホテルです。

①L'Auberge de Sedonaはアップタウン(セドナの中心街)にありながら、小川沿いをコテージがゆったりと並ぶアップスケールなホテルです。 ホテル自体はメインストリートから少し下ったところ(徒歩5~10分)にあり街中の騒々しさを一切感じさせないくらい静かでかつマイナスイオンを浴びる事のできる空間です。 各コテージのインテリアや家具も木を基調として落ち着いた感じで心も身体も休まります。 小川のせせらぎを聞きながら食事をしたりゆったり時間を過ごせたら気持ちいいでしょう。 こちらのリゾートは、私個人の意見ですが、どちらかというと大人向けかと思います。。。 

e0161692_341475.jpge0161692_344417.jpge0161692_3503.jpge0161692_351449.jpg


②Enchantment Resort はセドナでも一番の高級リゾート。 ハリウッドスターも自家用ジェットで来たり、日本からも芸能人がおしのびで来たりするようなところです。 では、一般人を寄せ付けないような雰囲気が漂うリゾートかと思いきやそんな事はありません。 家族連れや恋人同士のランデブーなど年齢層も幅広く誰でもご利用いただけます。 場所は、セドナ中心街から少し離れたところにあり、周りは店や住宅もなく、しかしリゾート内の設備はプール、レストラン、バーベキューセット、室内ジャクジーなど整っていますので、セドナに行くというよりはEnchantment Resortを満喫するという感覚です。 敷地内には、Mii Amoスパという高級スパがあり、スパ独自の宿泊施設があるので、リゾートの宿泊客のみならずこのスパに宿泊してスパのみを楽しむ方もいる程です。 こんな高級スパで一日中スパ三昧なんて本当うらやましいです。 

e0161692_35465.jpge0161692_36072.jpge0161692_361049.jpg
e0161692_362229.jpg




皆さんさんも人生のうち一度は試してみてはいかがでしょうか。 きっと充実感を味わう事ができると思います。


L'Auberge de Sedona
301 L’Auberge Lane Sedona, AZ 86336

Enchantment Resort Sedona
525 Boynton Canyon Road, Sedona, AZ 86336
by amnetnewyork | 2012-09-21 07:11 | 国立公園 | Comments(0)

癒しの町、セドナ

アリゾナ州の州都フェニックスから車で約2時間、ヴォルテックスと呼ばれるパワースポットがあちらこちらに点在することから、「癒しの町」として親しまれているセドナ。真っ赤な岩が見えてきたらそこがセドナの町です。

e0161692_21335452.jpg

e0161692_21354666.jpg


スパやヨガなど、リラックスを求めて来る人や、スピリチュアルやヒーリングを求めて来る人、釣りやハイキングを楽しむ人に、グランドサークル旅行のゲートウェイとして訪れる人など、用途は様々です。

ただ、セドナを訪れる人でよく聞くのが、”リピーター”が多いということ。
たった一度の観光地としてでなく、二度、三度、その癒しのパワーに惹かれて訪れる人が多いようです。

e0161692_2139266.jpg


セドナの町に入ってY字路を右に曲がるとアップタウンと呼ばれるメインストリートが見えてきます。
やはり南西部の町、カウボーイやカウガールもよくみかけます。

アップタウンにはレストランやヒーリンググッズ、カフェが立ち並んでいます。
「オーラフォト」と言う、その人のオーラを映し出す写真屋さんや占い師の広告もちらほら。
ホテルもこの域に多く、アップタウンまで車で来てしまえば、町を歩いて廻れるのも魅力です。

初めてセドナを訪れる人に体験してほしいのが、人気のジープツアー。
ジープに乗るだけのツアーや、ハイキングをしに行くツアーなど、好みにあわせてツアーを選べます。
ただし、やはりそこは”ジープツアー”。道なき道を揺れに揺れて進みます。
体制を崩さないよう踏ん張っていると次の日、腕が筋肉痛に・・014.gif

e0161692_21532543.jpg

なんと、タランチュラ(毒グモ)に出会いました!005.gif


e0161692_2156199.jpg

ハート型のサボテンを発見!

e0161692_227911.jpg


セドナは、ベルロックやスヌーピーロック、など、ユニークな形の赤い岩がたくさんあります。
ヴォルテックスと呼ばれる大地のパワーがみなぎっている場所もあり、人によってはビリビリと手がしびれてきたり、頭がスッキリしてくる人もいるそう。

岩の上から見る朝日や夕日は格別で、多くの人がその美しさを求めて岩を登ります。
特に夏場は日中が暑くなるので、早起きをして涼しい内に登ると本当に気持ちの良いものです。058.gif

e0161692_229633.jpg

e0161692_2219118.jpg

e0161692_22211743.jpg


アクティビティーで疲れた後は、スパやヨガでリラックス。
セドナのホテルは、スパ施設やヨガクラス、プール設備が整っているホテルが多いです。

e0161692_22253423.jpg

こんなところで朝ヨガなんて、良いですね!037.gif


e0161692_22271953.jpg

プールで遊んだ後は本を読んでリラックス。

都会の町で疲れた体を癒しに、セドナという選択はいかがですか?
by amnetnewyork | 2012-07-31 22:41 | 国立公園 | Comments(0)

レッドロックキャニオン

ラスベガスダウンタウンからレンタカーで手軽に行ける「レッドロックキャニオン」をご紹介します001.gif

レッドロックキャニオンへはダウンタウンから40分程のドライブで行くことができます。
Scenic Loop Drive と呼ばれるドライビングコースで
壮大な景観を楽しめます。
e0161692_794525.jpg


e0161692_732842.jpg


名前の通り赤色の景観

e0161692_78979.jpg


そして、ドライブだけでは物足りない超アウトドア派には、ロッククライミング、ハイキング、ジョギングがおススメ!

その後はぜひVisitor Center に寄ってレッドロックキャニオンの歴史を学んでいってください。屋内・屋外の展示物が楽しめます。

e0161692_6561576.jpg




アクセス
「ストリップ通り」から、チャールストン通りを西に40分弱。
料金所にて入場料金(車1台で7ドル)を支払。
ゲート近くにVisitor Centerあり
by amnetnewyork | 2012-04-01 07:10 | 国立公園 | Comments(0)


『体験と感動のアムネット』NY、LA、シカゴを中心に、アメリカでの生活便利情報を毎日配信中! ☆★☆ WEBサイトは www.amnet-usa.com


by amnetnewyork

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

JAPANFes Ramen..
at 2017-09-16 01:48
Governors Isla..
at 2017-09-01 03:54
ウィスコンシンデルズ
at 2017-08-27 06:17
[ジャマイカ現地ブログ]ポー..
at 2017-08-25 04:33
幼児と一緒にハワイ旅行-アウ..
at 2017-08-22 15:21

こちらもクリック♪

AmnetNY なう

カテゴリ

全体
★超お得! キャンペーン★
【重要なお知らせ】
【連載】 タビテツ
Disney☆攻略法
クルーズ
おすすめホテル
お子様連れのご旅行
ミュージカル・ショー
イベント
アムネット楽楽バスツアー
航空券・航空会社情報
●東海岸
●ニューヨーク
NYCグルメ情報!
NYC隠れ観光スポット
NYのお土産♪
おすすめ米国グッズ
●ボストン
●アメリカ南部
●アトランタ/ジョージア
●シカゴ・中西部
●西海岸
国立公園
●ロサンゼルス
LAグルメ情報!
●ハワイ
●日本
●中南米
●ヨーロッパ
●アジア
●カリブ
気分転換
ツアー情報
お役立ちサイト
●ラスベガス
ごあいさつ
●サンディエゴ
日本お土産
カナダ
コロラド周遊旅行
エジプト
★Amnetスペシャルツアー★
NYオプショナルツアー
バケーション
ちょっと珍しいかも
日常
【Cuba】キューバ情報
未分類

最新のコメント

ソアリンやテストトラック..
by amnetnewyork at 07:14
はじめまして。 この記..
by ミカリン at 23:52
仕事が大井町で昔、行きま..
by ノリ at 18:36
東京の京急電鉄と相模鉄道..
by まいんど at 20:56
こんばんは。 はじめて..
by kazu at 19:18
はじめまして。 ち..
by あーさん at 23:43
あけましておめでとうござ..
by 優花 at 14:57
在来の自動改札は途中駅で..
by イヴサンローラン at 09:33
>まゆみ様 コメントあ..
by amnetnewyork at 05:41
KRIGLERの南青山店..
by まゆみ at 23:49

タグ

(226)
(207)
(185)
(98)
(98)
(57)
(45)
(40)
(37)
(36)
(36)
(28)
(26)
(26)
(26)
(24)
(24)
(14)
(14)
(13)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

画像一覧