<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

また行っちゃいましたDCへ~秋のプチトリップ

またワシントンDCへ1泊2日で行って来ました。今年ですでに2回目です~。

~私的ワシントンDCの魅力~

その1.公園の中の街のようで、歩いていてもとても気持ちがいい!
~フランス人技師ピエールランファンが設計した計画的な街並みは緑が多く、まさに公園都市。ワシントンモニュメントの展望フロアからパシャリ。
e0161692_24144.jpg


その2.スミソニアン博物館群など、無料で楽しめるすばらしい展示が一杯!~上の写真のナショナルモールの左右に見える、スミソニアン博物館群。映画ナイトミュージアム2は、なんとスミソニアンが舞台です。ちなみにモールに9つのミュージアム、モール以外に5つのミュージアムと動物園と、NYの2つのミュージアムという世界最大のミュージアムと研究部門を総括しているスミソニアン協会の起源は、英国人科学者のスミソンさん。独立に湧いたまだ見ぬ新大陸アメリカ合衆国に感銘をうけ、スミソン家の財産を"人類の知識の普及と向上のために”譲るということだったそうなのです。当時の52万ドル相当のお金が贈られたそうで、さすがに贈られたアメリカ側も驚きと戸惑いがありました。その後お金の有効な使い道を何年もかけ議論の上、1846年にスミソニアン協会が設立されたということです。それにしても、自分が知らない国の未来に、巨額の財産を託したスミソンさんなんとも太っ腹!

その3.ナショナルギャラリーのマティスの切り絵やフェルメールは必見!
e0161692_2445985.jpg

写真が小さいですが、奥に写っている警備の方と絵のサイズを比べて下さい!大きい!もちろんヨーロッパ以外で1点しかない、ダビンチや、フェルメールの作品3点(フェルメールの作品と言われている作品も含む)もやっぱり素敵。

その4.訪れる場所すべてが、アメリカの政府機関や、歴史の場所なので、訪れるだけでちょっと賢くなるような気がする!
~アーリントン墓地の始まりは、もともと南軍のリー将軍のお家の土地。南北戦争が始まり、一家は戦火を避けリッチモンドにお引越し。その間税金を払わないことに対して北軍が嫌がらせとして、なんとお家の前に亡くなった兵士を埋葬したのがきっかけだそう。南北戦争が終わって夫人がアーリントンに戻ってきた時には、完全に自分の家の周りが墓地化されていたんですって。ひー。それで奥様はとてもじゃないけど住めないと、土地を政府に売却したそうな。うそのようなほんとの話…。

今では土地に限りがあるため、アーリントンにお墓をもてるのは、軍の功績者、そして抽選で軍関係者とその家族ということです。

それにしても敷地内広しと言えど無名戦士の墓のみ、陸軍の通称オールドガードが365日24時間警護しているというのにちょっと感動。
e0161692_242124.jpg

写真はリー家のお家と、ロバートケネディー氏のお墓。先日亡くなったテッドケネディー氏のお墓には行列ができてました。合掌。

その5.意外と週末のホテル料金が安い!
~今回は祝日だったため、WILLARD INTERCONTINENTAL HOTELというアメリカの歴史のともに歩み続けたデラックスホテルに、比較的安いお値段で泊まることができました。ホワイトハウスから2番目に近いホテルで、なんと勝海舟らも泊まったホテルなんですよ。ちょんまげに刀姿の東洋人を人目みようと、ホテルの周りには人だかりが出来たそうです。また政治家に圧力を掛けたり、陳情する人たちがこのホテルのロビーに詰めていたため、ロビイストという語源となったなど、ホテル自体歴史の舞台でへえ~という感じです。
e0161692_2433214.jpg

ちなみにお部屋から左手に見下ろすのはホワイトハウスの緑~

その6.そして、そして、そして!シーフードラバー大興奮、カニが美味しい!
◎立ち食いもOK、カジュアル派のあなたへ
ワシントンDCは海に面していませんが、ウォーターフロント、ワシントンチャネル沿いには、シーフードマーケットがあり、ありとあらゆる魚介類が売ってあり、その場でいただくこともできるのです。
e0161692_2441464.jpg


◎ご家族連れもOK、気軽にたらふくシーフード派のあなたへ
マーケットのその近くに、PHILLIPSというシーフードバフェのレストランがあります。ディナーは大人$24.99++子供(5~10歳)$12.99++でなんと食べ放題!カジュアルで広い店内には、ベイクドクラム、ムール貝に、蒸したブルークラブ、タラバガニの足、はもちろんのこと、シーフードダメな方にも、ローストビーフや、なぜかタイカレーなどもあり(意外と美味しい)、デザートは、ケーキ、フルーツ、アイスクリーム。一口ずつ食べたとしても、おなか一杯になるような充実振り。興奮しすぎていつも写真を取り忘れてしまいます。小さいお子様連れのご家族連れももちろんOKです。ただ予約は取らないので週末なので並ぶことになると思います。並ぶ価値あり。
Phillps Seafood Washington DC
900 Water Street
DC, 20024
TEL 202-488-8515
www.phillipsseafood.com

◎量より質の高級志向のあなたへ
LEGAL SEAFOODSのクラブケーキは絶品。つなぎよりカニの量が多いクラブケーキですよ。カニの身がごろごろです。アペタイザーとして1つだけ頼むこともできます。ワインも充実しているおり、美味しい白ワインとクラブケーキ、至福。
LEGAL SEAFOODS WASHINGTON DC (Chinatown)
704 7th Street
DC, 20001
TEL 202-347-0007
www.legalseafoods.com

書きながらシーフードに再度興奮し、またワシントンDCへ行きたくなってしまいました。長いブログ、要約しますと、ワシントンDCは頭もよくなる、シーフードでおなか一杯になる、何度行っても楽しいデスティネーションです。秋は気候も過ごしやすいので、秋のプチトリップ先にいかがですか?
by amnetnewyork | 2009-09-29 03:20 | ●東海岸 | Comments(0)

ロングアイランドでゆったり休日タイム

先週末はワインとシーフードを求めて、ロングアイランドはサウスホールドを訪れるツアーを開催しました003.gif何と言っても天気が最高に良く、とーっても気持ち良いっ058.gif
まず訪れたのは新鮮とれたて野菜やフルーツが売っているファーム(Harbes Family Farm)へ。
e0161692_2149492.jpg

とうもろこしやトマト、じゃがいもにかぼちゃ、手作りのハーブやジャムなどどれもとってもおいしそうでした。
とうもろこしにバターをたっぷりつけたローストコーンやレモンが丸ごと入ったレモネードもまた格別の味です049.gif049.gif
e0161692_2261847.jpg

e0161692_2273551.jpg

ファームでは季節の野菜やフルーツが売っているほかにも、こども達の遊び場やワインティストも楽しめます。午後にはポニーライドやピッグレースもあるよう。天気の良い日に家族やお友達とゆっくり時間を過ごすのにぴったりです。
e0161692_2292783.jpg

さて次に向かったのはマーサクララビンヤード(Martha Clara Vineyard)。ここでは3種類のワインティスティングを楽しみました。
e0161692_22114964.jpg

そして、お腹も空いてきた頃、黒舟のペリーで知られる、マシュー・ペリー氏のご子息が経営しているオールドフィールドビンヤード(Old Field Vineyard)のワイン畑でシーフードランチタイム。ぺりーワインのペアリングもあり、真っ青な空の下、ワインに酔いしれながらにぎやかに時を過ごしました。
e0161692_22133542.jpg

e0161692_22142773.jpg

ここの敷地内は海岸に続いているので、ランチの後はそのまま海岸へ。ロングアイランドはそのほとんどがプライベートビーチとあり、水も澄んでいてとってもキレイ。9月も終わりというのに、中には水着になってはしゃぐ子もいました。
e0161692_2216040.jpg

今回は特別にもう一件、新鮮な魚が売っているシーフードマーケット(GEO. Braun Oyster Co.)へ。ニューヨークでは珍しく、冷凍でない生のマグロが手に入るというこのマーケットでお買い物を楽しみました。
e0161692_2217116.jpg

e0161692_22174029.jpg

こんな風に今回もあっという間の一日でしたが、やっぱり天気が良いのは一番ですね016.gif

都会の慌ただしい時間を忘れてゆったり過ごせた時間でした。 さて、来月は・・・

東海岸最大オイスターフェスティバルに参加!
アーンド、ワイナリーとリンゴ狩りの一日ツアー

詳細はこちらをクリック→ 「楽・楽バスツアー」

です!皆さんにお会いできること楽しみにしていまーす003.gif



056.gifツアーに参加頂いた皆様、ありがとうございました!056.gif
by amnetnewyork | 2009-09-22 22:44 | Comments(0)

謎多き ブッチャーショップ!?!

私、南部特派員が住むジョージア州の特産品といえば、ピーナッツ
でも、それを上回る生産量なのが"チキン"。確かに南部ではチキンを良く食べます!!

とは言え、日本には美味しい鶏料理や肉製品があり、舌の肥えた日本人には、アメリカのスーパーで売っているお肉だと 『なんだかなぁ~。』 と、がっかりさせられることも多いのでは?!?! もちろん、WHOLEFOODSなどに行けば美味しいお肉も売っているけど、やはりお値段も少々高め・・・。

でも・・・ジョージアにはあるんです!!
絶対にがっかりしない、"安くて美味しいお肉屋さん"が・・・!!


"PATAK MEAT"
e0161692_2205624.jpg


特産品のチキンなどの精肉はもちろん、自家製のソーセージやスモークベーコンなどの加工肉、そして時には牛タンスモークやロシア産のイクラ缶なんかも取り扱ってます。

e0161692_2213120.jpg

もともとはポーランドやチェコからの移民の方が始めたこのお店。ヨーロッパの製法で加工するウィンナーは、アメリカのホットドッグとは違い、しょっぱすぎず、プリップリで、日本人の口に合った、あの"シャウOッセン"の味を思い出させてくれます


e0161692_223034.jpg

ただ、ここでのお買い物は少々、時間がかかるのです・・・。
まず、お店に入るや否や、大行列っ!行列に並ぶこと数分~数十分。お店の左端のカウンターから"NEXT!"と呼ばれ、やっとお買い物がスタート。担当のお姉さん(おばさん?)が1対1でついてくれ左から順に、精肉スモークソーセージチーズ類・・・と、移動しながら欲しいお肉を注文。その間、買い物かごはお姉さんがずっと運んでくれます。そして、最後に番号を言い渡され、お会計。


e0161692_2214962.jpg

そして、お会計の度に驚くのが値段の安さ! 買い物かご山盛りに肉類を買っても、$60程度! ベーコンなんて、2LB(約10日分)買っても$5でお釣りが来るんです! なんとも家計に優しいお店 時間がかかっても納得してしまうわけです。

e0161692_2251779.jpg

でも・・・・・・注意事項が一点。
このお店、基本的には週末、CLOSED! 唯一、第1土曜日だけは営業してますが、土曜日の平均待ち時間、なんと2時間!!!!! 車も停められず、その行列を目にしただけで、尻尾を巻いて、退散したくなるほどの人だかりなのです・・・・・。


そして、平日の営業時間を記す看板には・・・


e0161692_2243687.jpg大体、9時か10時に開店します。
たまに、早いときは7時、
遅いときには12時とか1時に開きます。

店じまいは大体、5時半とか6時。
たまに4時とか5時。
でも時には11時か12時で閉めます。

最近は、1日中、ここにいますが、時には1日中、あるいは午後、ずっといない事があります。どこか他の場所に行っている事もあるけれど、その後は大体ここにいます。



って・・・・・・・・・・・・・・。呆


いったい、何時が営業時間やねんっ!?!?!?!
と、突っ込みたくなります・・・。
それでも、また行きたくなるこのお店。南部の皆さん、是非、一度、お試しをっ!!
*注) 行く前に、一応、電話で営業してるか、確認してくださいね♪


PATAK MEAT
4107 Ewing Rd
Austell, GA 30106-1058
(770) 941-7993

by amnetnewyork | 2009-09-21 13:14 | ●アトランタ/ジョージア | Comments(0)

THE Grease Trucks

Fat Cat, Fat Koko, Fat Sam.....

ドキっとしたみなさん、
実はこれ、サンドイッチの名前なんです!


NJ州立大学のRutgers University脇の学生街の
一つの駐車場に集まり、大きいトラックを改良しただけの店構え。

e0161692_23324891.jpg




時刻は午前2時。
バーが閉まった直後のこの場所で、今度はお酒なし、おしゃべりと笑いだけで楽しめる二次会の始まりです。

e0161692_23332459.jpg


”今日はFAT何にしたの?”
”俺はFAT SAL”


なんて会話がどこからともなく聞こえてきます。


私のお勧めは、FAT ●●●(名前が激しすぎてかけないのがざんねんです012.gif)で、
中に、モッツァレラスティック・フレンチフライ・レタス・トマト・ホットソース・ビーフパティが入ってます。
e0161692_23342353.jpg


マクドナルドのセットを丸ごとバンズに突っ込んだ、なんとも言えないお得感。

この地域でしか食べられない
グリーストラックのFATバーガー。
セントラルジャージーへお越しの際はぜひお試しください。


e0161692_23422044.jpg
Rutgers University
New Brunswick, NJ
by amnetnewyork | 2009-09-21 09:49 | NYCグルメ情報! | Comments(0)

必見!有名シェフご用達

すっご~い食材のお店をご紹介!!!

今流行りの若者の街ローアーイーストサイドにその高級食材店がある。
どれほど高級かといえば、ジョンジョルジョ、ブーレー、ダニエルといった
フレンチの大御所”ご本人たち”直々ご来店のごひいき店なのだ。

e0161692_644156.jpg
S.O.S Chefs
www.sos-chefs.com
104 Avenue B, New York NY 10009
tel 212 505 5813


シンプルで整然と整った店内、パリの市場もこんな雰囲気なのかしらん。。。
食材はプロ級でも、素人のお客様も大歓迎!
お料理好きにはたまらない空間。


e0161692_611999.jpg

食材以外では、この籠、素敵でしょう($75~)!
これはシェフが市場で買出しをする時に使うもの。型崩れせず丈夫。




e0161692_6101549.jpg

こんなかわいい形の籠もありますよ~。一つ欲しいですね($85)。
グローサリーの買出しのほかに、小型ワンちゃんなどペット用バックなんかにも使えそう。



e0161692_622715.jpg

オリーブオイル、ビネガー、スパイス、穀物、生・ドライきのこの数々(幻のキノコあり!)、
世界各国から集めた珍しい塩、フランス直送フォアグラ、アフタヌーンティーにかかせない
フルーツジャム、そしてトリュフの取り扱いではNYで右にでるものがないでしょう。




e0161692_635132.jpg

これは大変貴重なヒマラヤン・ソルト!何万年も前にできた不純物ゼロのお塩のお味はいかに。。。
このソルト岩石を、お刺身やちょっとしたアペタイザーのお皿がわりにするのも素敵!
お料理にほんのり塩味がついて…ん~ツウですな。。。


お勧めは、素人でも簡単に使いこなせるトリュフオイル。
ビンが細くて小さく軽いので、日本へのお土産にも最適です(一本$20より)。
そりゃあ、トリュフときいてしおじけ付くなかれ!肩肘はらず、気軽に何にでもトライ。
私は温野菜、焼魚、白身のお刺身、冷奴と、”いつもの”食事にふりかけてパリの香りを楽しんでいます。

★★★騙されたと思ってトライしてみてください 特別レシピ★★★
        インスタント・ラーメンに一振り!!!


パンチのきいた黒トリュフオイル、
控えめだけれども食材の持ち味を生かす白トリュフオイル。。。
あなたはどちら派?
(意外に情報が少ないトリュフオイルレシピ、皆様のレシピを募集中!)
by amnetnewyork | 2009-09-17 06:50 | NYCグルメ情報! | Comments(0)

週末のYankees観戦

日曜日に、Yankees vs Orioles観戦をしにヤンキースタジアムへ行って来ました。

スタジアムへは地下鉄4番線かB&D線に乗って161street駅で下車。降りて目の前に球場があります。
e0161692_11523336.jpg


最近は肌寒い日が続いてましたがこの日は快晴で絶好の野球観戦日和♪
e0161692_11541013.jpg

今回はバックネット裏のpremium offering seatのチケットだったので、景色は最高、席もふかふかのシートで客層も良く、野球観戦初心者の私には勿体無いくらいでした。

野球に疎い私でもA・ロッド、そして我等のヒーロー松井選手くらいは知ってます。ジータは名前だけは聞いた事がある。今日観戦に行って初めて顔と名前が一致しました。

肝心の試合のほうですが、レフトを守るデーモン選手のとんでもないミスがあったりして最初は負けていたヤンキースですが、この日は松井選手大活躍!! 
e0161692_1202174.jpg
バッターボックスに立つ松井選手。
e0161692_1205089.jpg

勝ち越しの2点タイムリーヒットを打ったかと思えば、最後は3ランホームラン!!
e0161692_122098.jpg
↑ホームラン後の松井選手

同じ日本人としてこうして活躍している選手を目の当たりにするのは本当に嬉しいですね。


プロ野球観戦初体験でしたが、松井選手の活躍を見ることが出来、また、「試合を見ながらジャンクフードを食べ、大声で応援する」というとても”アメリカン”な体験が出来て良い思い出になりました。
by amnetnewyork | 2009-09-15 12:23 | イベント | Comments(0)

秋はベストシーズン!Long Islandのファームとワイナリー

 レイバーデーが終わり、ニューヨークは一気に肌寒くなりました。
もう秋の到来ですね! でも秋はおいしいものを探しに行く旅行シーズンでもあります。

 先日、ロングアイランドまでドライブしてきました。058.gif
今回訪れたのはロングアイランドでも北(上部)パートのNorth Forkエリア。ワイナリーがいっぱいあります。ニューヨークシティーからは車でたった1時間半でのどかな景色が広がります。
e0161692_1312585.gif


 まずはファミリーファーム(農園)へ。
新鮮な野菜や果物、焼きたてのパイやいろんな種類のジャムなどが買える販売所があります。
みずみずしいトマトや日本で食べるような白桃、まだ湿った土のついたジャガイモや鮮やかな色のパプリカなど、かごいっぱいに買ってしまいました。
やっぱりとれたて野菜や果物は栄養価も高いですし、味も濃厚でスーパーで買うのとは格別でした。

e0161692_1326083.jpg


e0161692_13271636.jpg


 売店ではとれたてトウモロコシのローストやフレッシュレモネードなどのファームならではのスナックも買えて広々としたピクニックエリアでご賞味できます。

e0161692_1383123.jpg


 お子様用のプレイグラウンドやポニーライド、ヤギやアヒルに餌をあげたりできるエリアや、ワインのテイスティングルームもありました。巨大なトウモロコシ畑はミステリーサークルのような迷路になっていて面白そうでしたが出られなくなったら怖いので(!)やめておきました。

e0161692_13143692.jpg



 次に向かったのはマーサクララビンヤードというワイナリーです。
見渡す限りのブドウ畑、テイスティングルームもかなり広くてすごく大勢の人が訪れていました。
なんでもこの不況にもかかわらずロングアイランドのワイナリーに訪れる人は4~5年前から毎年、右肩上がりで去年の秋はワイナリーロードに大渋滞が起こるほど大盛況だったそうです。
日本の芸能人や有名人もNYに来た際に立ち寄ったりしているそうです。

e0161692_13275583.jpg


e0161692_13281663.jpg


 ニューヨークから気軽に来れて1日の~んびりでき、ワインやお買い物も楽しめる
ロングアイランド、ノーフォークエリア。秋になりワイナリーのブドウが色つく頃もお勧めです。

楽・楽バスツアー
「ロングアイランド 海の見えるワイナリーと新鮮シーフードランチ 、ファームで過ごす1日ツアー」
by amnetnewyork | 2009-09-12 13:40 | Comments(0)

US OPEN TENNIS

ニューヨークの夏のイベントといえば。。。
独立記念日のMacy’s の花火やセントラルパークで行われるニューヨークフィルハーモニーやオペラのコンサート、様々なストリートフェアなどなど。。。。。004.gif

でも、US OPEN テニスが始まると夏も終わり、という気分になります。

ニューヨークに住んでいながら、今まで実際に試合を見に行く機会もなかったのですが、
初めて行きました! Arthur Ashe Stadiumへ!!!003.gif

e0161692_9103749.jpg

e0161692_954825.jpg


今回は、初日8/31のメインスタジアムの夜の試合を見ました。
対戦は、女子シングルのVenus Williams vs Vera Dushevina, 男子シングルのAndy Roddick vs Bjorn Phan。期待いっぱいです。037.gif

7番の地下鉄で、Mets-Willets Point 駅を降りると、すでに人の波、波、波。
やっとたどり着いた入り口で、荷物のチェックをされて会場内へ入ります。
e0161692_945598.jpg


メインスタジアムの試合は7時以降に始まる予定でしたが、他にもコートがあり試合が行われいて、会場内は興奮に包まれています。071.gif071.gif071.gif

スポンサー会社のブースやオフィシャルグッズのショップ、食べ物のお店もたくさんありあっちをウロウロ、こっちをウロウロ。
e0161692_97394.jpg


e0161692_98241.jpg


メインスタジアムのそばに対戦表を見つけたのですが、名前を探すのも難しいくらい字が小さい。027.gif

e0161692_985765.jpg


試合の前にイベントが行われ、ブルンバーグ市長の挨拶や、スポーツ選手によるボランティア活動の紹介では、あのアンドレ・アガシも登場。観客はみな立ち上がって、賞賛の拍手。思わず興奮してしまいます。024.gif

e0161692_995443.jpg

e0161692_9113282.jpg

e0161692_9192849.jpg
004.gif
イベントの最後には花火も上がり、期待が高まるなか女子のシングル試合が始まりました。
この日のWilliamsさんはサーブが決まらず、1セット目をノーシードのDushevinaさんを前に、落としてしまいます。ひざの調子が悪いらしく、トレーナーが入る場面もありました。2セット目も途中までリードされ、もしや。。。の予感。008.gif

e0161692_9124087.jpg

e0161692_9131255.jpg

e0161692_9134999.jpg


しかしながら、寒い。007.gif
風はすでに秋の気配。ショップでは、フリースのセーターが飛ぶように売れていました。

教訓―この時期の夜のスポーツ観戦には、長袖、ストール、帽子は必要です。013.gif
前の席のアメリカ人のおじさん、おばさん達は用意万全。さすがです。

途中から集中力を取り戻したWilliamsさんが2、3セットを取り、試合に勝ちました。
ボールの威力がスタジアムの上から見ていてもわかり、実力の差を見せ付けました。
ボールを打つときに発する声の大きさも、テレビ中継では味わえないものです。
やはり、実際に試合を見るのはとても楽しいです。

e0161692_9145275.jpg

と、時計を見るとすでに11:00PM。
残念でしたが、男子シングルの観戦はあきらめて家路につきました。002.gif
スタジアムから見るCiti Field やマンハッタンの夜景はとてもきれいでした。
e0161692_9154467.jpg

e0161692_916989.jpg

熱戦は9/13まで。残念ながらシングル戦で日本人選手は勝ちあがることができませんでした。後は、2004~2008まで優勝を続けているRoger Federerが今年も優勝できるかどうか楽しみです。

e0161692_9171295.jpg

オフィシャルサイトもいろいろ楽しめますが、やはり実際に観戦するのが一番だと思います。来年も。。。。。とスタジアムを後にしました。(www.usopen.org)

ニューヨークでのまた一味違った体験。お勧めです。049.gif
by amnetnewyork | 2009-09-10 09:38 | イベント | Comments(0)

Music Under New York

MTA(ニューヨークメトロポリタン交通局)のArt for Transitが主催しているMusic Under New Yorkをご紹介します。

Music Under New Yorkとは地下鉄を利用している方は一度は見たこと、聴いたことがあると思いますが、ジャズ、クラシック、ブルース、アフリカン、ケイジャンなどなどのミュージックパフォーマンスです。060.gif
目印は「Music Under New York」と書かれたフラッグが掲げられています。

e0161692_55568.jpg


このパフォーマンスは誰でもいつでもできると私は思っていましたが、実は毎年5月にオーデションがあり、厳し~い審査の末勝ち残ったミュージシャンのみがパフォーマンスすることができます。
(たまに勝手にパフォーマンスをしている人もいますが見つかると罰金です)047.gif

MUNYは100組以上のミュージシャンがタイムズスクエアー、グランドセントラル、ペンステーション、ユニオンスクエアーなど25ヶ所の地下鉄で週150以上のパフォーマンスしています。

e0161692_556354.jpg


いつどこでどのミュージシャンがパフォーマンスされるか公表されていません。
ほどんどのミュージシャンは自作CDを$10くらいで売っています。
次回はどこでパフォーマンスがみれるかわからないので、気に入ったらその場でCDを買った方が
いいですね。

MTA ART FOR TRANSIT
http://www.mta.info/mta/aft/muny/

by amnetnewyork | 2009-09-05 06:02 | NYC隠れ観光スポット | Comments(0)

【タビテツ】 9号車: ちょっと寄り道・途中下車

皆さんは旅の思い出に何か残しているものはありますか?

鉄ちゃんの中には収集派といわれるジャンルがあり、様々なものを集めている人たちがいます。ポスター、鉄道部品、切符、時刻表、駅弁の包装紙などなど。私もかつて切符を集めていた頃がありましたが、自動改札が普及し、また昔ながらの厚紙で出来た切符が廃止されてしまい、収集意欲が薄れてしまいました。

そこで始めたのが、途中下車印収集です。



途中下車印って???




e0161692_12515290.jpg一般的な意味での途中下車とは、目的地までの道中に寄り道をすること。鉄道(JR)の世界では『片道201キロ以上の乗車券は逆戻りしない限り途中駅で改札口を出ることが出来る』制度です。例えば東京⇒博多間の切符を持った人は途中、京都でも、大阪でも、広島でも、博多へ向かう途中逆戻りさえしなければ、どの駅で何度でも乗り降りし、同じ切符で旅行を続けることが出来るということです。そして逆戻りさせないために、降りた駅では必ず切符に駅名が書かれた『ハンコ』をおします。これが途中下車印(下車印)です。

この下車印は全国約2500の全て有人駅に配置されており(駅員が捺さなければならないので無人駅にはありません)、駅によって色や形が異なります。基本的には1cmの楕円で黒、または紺のインクで捺印と決められていますが、丸、四角、菱形、枠なし、サイズも異様に大きいものや小さすぎて見えないもの、カタカナ、ひらがな、日付入りなどなど集めてみると駅ごとに個性が感じられます。また下車印は自分では捺せないので、いかに駅員さんに上手く捺してもらうかもポイントです。気合が入りすぎて、インクがにじみ駅名が読めなくなってしまう場合もあるので要注意。


e0161692_12582516.jpgまた、下車印で遊ぶことも出来ます。金山駅(愛知県)の隣に鶴舞駅(愛知県)を捺してもらえば『金の山から鶴が舞う』。半家駅(高知県)の横に増毛駅(北海道)で『半家(禿げ)から増毛(増毛)』など。駅名でしりとりをしたり、駅名だけを使い俳句を作ることも可能だそうです。なにしろ駅は2500もあるのですから...。

自動改札機が全国に普及すれば、下車駅の記録は切符磁気テープに記憶されるので逆戻りは不可能になります。下車印がなくなる日もそう遠くないかもしれません。

切符には当然始発駅と終着駅、使用日が記載されていますから、それに途中下車印を押してもらい、記念に残しておけば、良い思いでとなります。皆さんも是非!!

次は長万部で下車予定です。


つづく



p.s. 皆さんの知っている駅の途中下車印を写真中で探してみてね!

by amnetnewyork | 2009-09-03 00:03 | 【連載】 タビテツ | Comments(1)


『体験と感動のアムネット』NY、LA、シカゴを中心に、アメリカでの生活便利情報を毎日配信中! ☆★☆ WEBサイトは www.amnet-usa.com


by amnetnewyork

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新の記事

[DCL]ディズニー・クルー..
at 2017-04-28 06:18
[WDW]映画「アバター」を..
at 2017-04-22 07:28
ボストン市内観光
at 2017-04-12 02:19
Anime Boston 2..
at 2017-04-06 05:13
白梅HAKUBAI 和食がユ..
at 2017-03-29 05:37

こちらもクリック♪

AmnetNY なう

カテゴリ

全体
★超お得! キャンペーン★
【重要なお知らせ】
【連載】 タビテツ
Disney☆攻略法
クルーズ
おすすめホテル
お子様連れのご旅行
ミュージカル・ショー
イベント
アムネット楽楽バスツアー
航空券・航空会社情報
●東海岸
●ニューヨーク
NYCグルメ情報!
NYC隠れ観光スポット
NYのお土産♪
おすすめ米国グッズ
●ボストン
●アメリカ南部
●アトランタ/ジョージア
●シカゴ・中西部
●西海岸
国立公園
●ロサンゼルス
LAグルメ情報!
●ハワイ
●日本
●中南米
●ヨーロッパ
●アジア
●カリブ
気分転換
ツアー情報
お役立ちサイト
●ラスベガス
ごあいさつ
●サンディエゴ
日本お土産
カナダ
コロラド周遊旅行
エジプト
★Amnetスペシャルツアー★
NYオプショナルツアー
バケーション
ちょっと珍しいかも
日常
未分類

最新のコメント

ソアリンやテストトラック..
by amnetnewyork at 07:14
はじめまして。 この記..
by ミカリン at 23:52
仕事が大井町で昔、行きま..
by ノリ at 18:36
東京の京急電鉄と相模鉄道..
by まいんど at 20:56
こんばんは。 はじめて..
by kazu at 19:18
はじめまして。 ち..
by あーさん at 23:43
あけましておめでとうござ..
by 優花 at 14:57
在来の自動改札は途中駅で..
by イヴサンローラン at 09:33
>まゆみ様 コメントあ..
by amnetnewyork at 05:41
KRIGLERの南青山店..
by まゆみ at 23:49

タグ

(222)
(198)
(182)
(95)
(94)
(57)
(45)
(40)
(37)
(36)
(33)
(28)
(26)
(26)
(26)
(24)
(22)
(14)
(14)
(13)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

画像一覧