<   2017年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

朝食&ブランチに人気のレストラン「Yolk」

今年の中西部の冬は本当に雪が少なく暖かいですね。
今日はあいにくの曇り空ですが、オフィスの中はぽかぽかとしております。

本日はシカゴダウンタウンで朝食&ブランチに人気のレストラン「Yolk」をご紹介!
e0161692_05253650.jpg
場所はOntario Street上でシカゴ牛角からNavy Pier向けに2ブロック先にあります。
朝7時に到着したのですが、やはり人気店とあって既に長蛇の列、ピーク時と重なり待つ事40分でやっと席につけました。
カウンター席は地元住人、テーブル席は観光客らしき人が家族づれで多かったです。
およそ80名ぐらいが収容できるカウンターとテーブル席があります。


店の名のとうり卵料理が多いのですが、もちろん卵料理以外のお料理も。
サラダ、サンドイッチ、ラップ、ハンバーガー各種取り揃えています。
e0161692_05275236.jpg
お勧めを聞いたところ、定番のEggs Benedict$13.50がお勧めとの事で、こちらもバリエーション満載でしたが、今回初めてなので、オリジナルを注文!
その他にキッズミールのグリルドチーズサンドイッチ、オムレツを注文し、全て完食!
e0161692_05360676.jpg
e0161692_05354788.jpg
e0161692_05370588.jpg
店員さんは皆、無駄の無い動きで明るくテキパキと仕事をこなし、タイミングよくコーヒーのお代わりを持ってきてくれたりと、笑顔で細やかな気配り。
従業員、味も美味しく、お値段もリーゾナブルで049.gif011.gif
また次回も行きたいと思いました。

朝しっかりご飯を美味しく食べるとその日の体調が違います。
一日のスタートの朝食って大事ですね。

シカゴにお越しの際は朝食に是非お立ち寄りくださいませ。
http://eatyolk.com/

シカゴへ宿泊希望の際はAMNETにお任せください!!


Chicago支店

お問い合わせ

3701 Algonquin Road, Suite 340 Rolling Meadows, IL 60008

Tel:(847) 222-0088 Toll Free:1(800) 933-9006

月~金: 8:00am -6:00pm / 土: 9:00am - 3:00pm



by amnetnewyork | 2017-02-24 07:37 | Comments(0)

Travel Adventure Show

先日1/21~1/22にシカゴの郊外Rosemontにて、
 「Travel Adventure Show」 というのがあったので、行って参りました。
アメリカ各地で開催されるようで、シカゴ以外にも
サンディエゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコやダラスなどなど、
色々なところで開催があるようです。
既に来年のシカゴのスケジュールも決まっているようです。



さて、私は友人と共に事前登録をしていましたが、
そのまま入ろうとしたら断られてしまったので、
Registrationのブースに行き、リストバンドをもらいました。
e0161692_02334909.jpg

初めての参加だったので、ワクワクしながらイザ会場へ!!!
e0161692_02262962.jpg

ブースの人や私みたいにプラッとくる人などでかなり混み合っていました。
さっそく、AAAの方から無料のカバンを渡され、
入り口近くの「ハワイ旅行が当たるキャンペーン」にも応募しちゃいました。
各ブース色々とあって、ほとんど無料で色々と頂けちゃうので、
ジュースやワイン、ちょっとした食事も頂いちゃいました。


室内なのですが、ブースによっては、セグウェイに乗ったり、
ダイビング体験ができたり、ラクダに乗れたりと、、、、
ちょっと、ラクダとダイビングにはビックリでした。
e0161692_02274171.jpg

e0161692_02281774.jpg

ブースは国や州、都市やリゾート地、
会社(クルーズやディズニー、パスポート代行会社など)に応じ、
様々な出店があり、さらに、ステージ(民族ダンスやってました)や、
プレゼンをするブースも何個かありました。
化粧品や食品のブースもあり、販売もしているようでした。
アジア圏のブースも沢山ありましたが、残念ながら日本のブースはありませんでした。

各ブース、お客さんを勧誘するため、色々な工夫がありました。
スナックや飲み物を配るブースや、
ちょっとした小物(バンドエイドやライト、カップホルダーなどなど)を配るところ、
またVR(バーチャル・リアリティ)をうまく活用するブースなど、飽きないです!!!
1日潰れます!!
e0161692_02290905.jpg

職業病が暴走してしまい、
帰る時には、各都市の観光案内の分厚い冊子が40部ほど、、、
荷物がパンパンになってしまいました。
持ち帰った冊子は、Amnetシカゴ支店においてありますので、
もしよろしければお立ち寄りください。
そして、アメリカのご旅行計画も兼ねて、皆様もTravel Showチェックしてみてください。


追伸:応募したハワイ旅行は当たりませんでした・・・トホホ。


以下参考までにURL載せておきます。

by amnetnewyork | 2017-02-17 23:00 | ●シカゴ・中西部 | Comments(0)

金沢そして加賀温泉の旅

金沢と加賀温泉に1泊旅行に行ってきました。
大阪からサンダーバードに乗って、まずは金沢へ!
今回は、大阪発着で利用できるJRの「金沢・加賀・能登周遊パス」を利用してみました。
この周遊パスは大阪⇔金沢/加賀/能登間の往復サンダーバード指定席に加え、
金沢・加賀・能登間のバスや電車が乗り放題、そしてさらに、
観光名所の入場料やクーポンがついているという超お得なパスなんです。そして安い!!
e0161692_01524234.jpg
金沢駅はとても近代的で綺麗でした。
この立派な門?は鼓を模しているとききました。

e0161692_01522058.jpg
金沢といえば、金沢城と兼六園!ベタではありますが、やはりここは押さえておきたい。
少し曇り空で残念でしたが、落ち着く雰囲気の中で歩き回っているとなんだか頭も心もすっきりします。
兼六園でゆっくりしすぎて、金沢城はちょっとのぞくくらいしかできなかったのが残念でした。
ちなみに、兼六園や金沢城の入場料も上述の周遊パスに含まれておりました053.gif

e0161692_01555456.jpg
そしてお目当ての加賀温泉へ! これまたサンダーバードでの移動です。

到着したのは、加賀温泉瑠璃光ホテルの姉妹ホテルである「葉渡莉ホテル」です。
とても広くて大きなホテルですが、旅館の雰囲気も併せ持ったとても素敵なホテルです。
e0161692_02141488.jpg
まずは温泉。 何をおいても温泉。
ちゃんと露天風呂もついてますので、両方をゆっくりと堪能しました。
e0161692_02152890.jpg
そしてお待ちかねの夕食です。
お部屋ではいただけないのですが、ホテル内のレストランでたたみ部屋の個室での夕食となります。
全ての写真は撮っていないのですが、素朴ながらも素材の味がしっかり活かされた品々で、
ビールもちょっとすすんでしまい大満足。
e0161692_02154724.jpg
夜には別館のバーで、無料の太鼓ショーがありました。
[加賀一向一揆太鼓ショー]は鬼のようなお面を被った太鼓プレイヤーが目の前で太鼓をかきならし、
耳だけでなく体でその音を感じることができる短いながらも趣き深い体験でした。

・・・実はその後、同じバーで本場タイからやってきたニューハーフショーもやっていました。010.gif005.gif

ホテルのお部屋は最上階の角部屋でした。
通常6人まで宿泊できるサイズのお部屋とのことで、とっても広かったです。
お部屋の横に小さな2部屋、そして玄関を入ってすぐには長細い6畳ほどのスペース。
これはご家族様でいらっしゃってもゆったり出来るサイズでお勧めです。
e0161692_02165370.jpg
なんだかんだで疲れきっていたのかぐっすり眠れました。
そして、恐ろしいことに朝食は写真のように豪華でしたのでついついご飯をお変わりしてしまいました。。。
e0161692_02172193.jpg
チェックアウト後は、加賀温泉駅から出ている観光名所を巡る周遊バスを利用し、
「ゆのくにの森」に行ってきました。
あいにくの雨模様でしたが、趣のあるかやぶき屋根の建物やお家が並ぶ風景を堪能し、
更に、漆塗り体験や囲炉裏端でいただくお抹茶も堪能しました。
この周遊バス代金、ゆのくにの森の入場料、そして漆塗り体験とお抹茶代も全て、
上述のJR周遊パスセットに含まれておりました! 本当にお得でした!

e0161692_02403205.jpg
金沢・加賀温泉の旅、お勧めです。
皆さんも機会があれば是非、行ってみてください!

加賀・山代温泉「葉渡莉」「ゆのくにの森」













by amnetnewyork | 2017-02-15 02:47 | ●日本 | Comments(0)

どこにも負けないアムネットの自慢^^

Happy Valentine's Day!!

外は寒~いNYですが、

e0161692_01415209.jpg


アムネットNY社内はとっても暖か、まるでカリブ海

e0161692_155215.jpg


そんなアムネットNYは自慢できることが沢山あります!!

その一つは社内がとってもHeartfulなこと058.gif053.gif


今日はValentine's Day ということであの”名物社長”からGorgeousな贈り物がっ!


なんと宮内庁御用達のチョコレートだそうで…
e0161692_01442582.jpg
重たいと思ったら漆の入れ物です。。。
e0161692_01444469.jpg

これを”名物社長”自ら一人一人の女性社員へ…
そう。1人にひとつ…なんとまぁ005.gif

e0161692_01451314.jpg


贈り物を開ける瞬間ってドキドキで楽しい♪
e0161692_01485506.jpg



…楽しいよりも今回の場合なんだか緊張です…ドキドキ
e0161692_01482588.jpg


う、うるし…素敵
e0161692_01471803.jpg





わ~~!チョコレートがキラキラして輝いてる~!!
まるで宝石箱や~!!
e0161692_01491231.jpg


男性社員からもさりげない贈り物がキッチンに置いてありました。。。
e0161692_01494544.jpg
e0161692_01495915.jpg


さりげなすぎて"惚れてまうやろ~~"
(※社内恋愛禁止です。…アイドルかっ?!)

こちら、まさにheart❤️😍 It's super cute💕
e0161692_05184445.jpg
ぷるっぷるの…
e0161692_05193733.jpg
ムース016.gif011.gif
e0161692_05201173.jpg



愛に溢れています、この会社

016.gif016.gif016.gif016.gif016.gif

なのでお客様への愛もた~っぷりです053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif
どこよりも愛情たっぷりで素敵な旅行商品そろえておりますので
ご入用の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。






New York支店

Tel:(212) 247-1900 Toll Free:1(800)929-2663



Boston営業所

Tel:(617) 236-0017 Toll Free:1(888)833-2678



Chicago支店

Tel:(847) 222-0088 Toll Free:1(800) 933-9006



Los Angeles支店

Tel:(310) 961-9296 Toll Free:1(800)401-9650



Orange County支店

Tel:(714) 438-1333 Toll Free:1(877)266-3887



Hawaii支店

Tel:(808) 923-0400



Dallas支店

Tel:(469) 567-3444 Toll Free: 1(800)940-3949
by amnetnewyork | 2017-02-15 01:38 | ●ニューヨーク | Comments(0)

【タビテツ5号】 10号車: 日本の名湯シリーズV 伊豆修善寺温泉あさば

修善寺温泉駅から【あさば】まではタクシーで約10分、タクシーが宿の玄関に到着すると番頭さんがこちらへ走って来て『お荷物をお持ちしても宜しいでしょうか?』。『はい』と答えると、荷物を小走りで持っていってくれます。この早業は高級旅館ならでは! 由布院御三家の一つに泊まった時もそうでした。

e0161692_7521358.jpg

通された部屋は2階の【松風】という、能舞台のほぼ正面(この宿には敷地に深川の富岡八幡宮から移築された能舞台があり、年10回ほど能が催されます)に面した本間10畳 + 次間8畳 + 広縁 + 内湯付の部屋。しばらく庭園を眺めてボーっとしているとあることに気付く...、それは。畳の目がピシッと揃っているのはもちろん、ささくれ立ったところも傷も1ヶ所もありません! 窓は曇り一つなく、埃っぽさの微塵もありません。そう、この旅館は空気が澄んでいる! それは3つある大浴場も同じで浴場の壁は天井まで磨き上げられ、カランもピッカピカ。しかもいつ行っても桶とイスがピシッと片付けられています。かなりこまめに湯番頭が風呂場をチェックしていると思われます。もちろんお湯は敷地内の源泉から掛け流し!

e0161692_82158.jpg

e0161692_7524622.jpg

食事はもはや旅館料理とは次元が違う日本料理。一級品の材料を、きちんとだしをとり、器も上品。それは朝食も同様。白いご飯がとびきり美味しくて、味噌汁からかつおだしの香りがふんわり漂って、無添加の漬物が添えられていて、干物が厚みがあって...フツーの内容ですが手間暇掛かっているのが素人でも分かります。夕食には茨城の山間で獲れた米(香りがよい)、朝食は会津の米(粘りが強くモチモチした食感)を炊いているそう...料理に合わせて米を使い分けているんです!

e0161692_753172.jpg

今回の宿泊代は1人¥48000弱。結論から言うと妥当、或いは割安だと感じてもいいと思います。その根拠はというと、東京の日本料理店で同内容の夕食を取ったとすると恐らく15000~20000 円、朝食は5000円なら満足という内容。とすると残高は23000円くらい。税金とサービス料、入湯税を逆算すると素泊まり料金は20000円をちょうど切るくらい。ルームチャージで3万円台後半ということです。この環境、お湯、食事、サービスであれば大満足でしょう!! あ~、お金があったら常宿にしたい・・・。

e0161692_7533184.jpg

(※【あさば】は泊食分離の宿ではありませんので、食事の料金は明示されていません。あくまで勝手な推測です)。


【超私的評価 ★★★
★☆☆...まぁ、悪くないかな。
★★☆...かなりいいじゃない! また来たい!
★★★...もう最高!! これは日本有数のレベルですよ!!


【こんな人におススメ!】
これぞ、日本の名旅館 - 上質な宿を求めている全ての人に。
記念日や両親の招待旅行にも。

【こんな人は行ってはダメ!】
高級旅館 = 豪華食材だと思っている人。
日本文化にあまり興味がない人。
酒を飲んで大騒ぎしたい人。
by amnetnewyork | 2017-02-09 23:24 | Comments(0)

Portland ACE HOTEL -旅行好き男子・女子必見★

e0161692_03022839.jpg
住んでみたい街・全米1位にも選ばれているPortland。空港・駅からアクセスも良く、街全体どこへ行くにも徒歩圏内で便利です。お店やレストランもとてもおしゃれ016.gif しかも消費税ゼロ010.gif 今回はポートランドでのアイコン的存在ホテル・ACE HOTELをご紹介したいと思います。

e0161692_03115103.jpg
e0161692_03115766.jpg
入ってすぐのロビー。ここで本や新聞を読んだり、おしゃべりしたり026.gif宿泊者以外の人もここでくつろげます。
e0161692_03175612.jpg
e0161692_03273643.jpg
ロビーから直接、これまたPortlandのIconic Coffee Shop、Stumptown Coffeeへアクセスできます071.gif因みにStumptownとはPortlandのニックネームです。

e0161692_03145562.jpg
チェックイン後、エレベーターがなかなかなかなかなかなかなかなか来なかったので、階段でお部屋のある3Fへ。中2階にもくつろぎスペースが!
e0161692_03274345.jpg
壁にアート056.gif
e0161692_03291290.jpg
!!
e0161692_03274685.jpg
ギシギシ音を立てながら階段を上って3階に到着。廊下もオシャレ空間漂います。
そしてお部屋に到着。どんなアートが待っているのかな?とわくわくさせながら入ってみると・・・
e0161692_03351591.jpg
KEY!! ですか(笑)ん~シュール。。
そうそう、ブランケットはこれまたPortlandのローカルブランド・Pendleton製です053.gif
e0161692_03350531.jpg
壁紙は辞書。
e0161692_03354303.jpg
e0161692_03495358.jpg
ちょっとした棚もオシャレに見えてしまう・・・ クッキーとチョコのサービスも049.gif 写真はないですがまたまたローカルブランド・Smith Teamakerの紅茶と蜂蜜のサービスもありました。コーヒーは・・・1階のStumptownで買ってね♪ということなのかお部屋には無し!
e0161692_03353256.jpg
陶器のシンクもオシャレ!そういえば鏡の位置が高すぎて自分が見えなかったな・・・。お部屋も寒かったし・・・部屋のヒーターの温度は80F以上に設定することをお勧めします。余分にブランケットとお布団も持ってきてもらえます。アメニティ情報として、フラットTV、ヘアドライヤー、コップ、タオルも大・中・小、バスローブまで揃っています。因みに、今回予約したお部屋にはバスルームがありません。共同です!写真を取り忘れましたが、基本的にはシングルユースでシャワー、シャンプー(コンディショナーはお部屋にあります)、ボディーソープ、トイレ、洗面台、タオル、バスマット完備で清潔。他のお客さんとバッティングすることなく優雅に使えました。

以下、ちょこっとPortlandのシュールな一面をご紹介します。
e0161692_04064205.jpg
e0161692_04071102.jpg
これ↑なんだと思います?
そう!正解です。世界一小さい公園、Mills End Parkです。よく分かりましたね!

e0161692_04072606.jpg
ドーナツにカリカリベーコンのせてみました~003.gif Voodoo Doughnutsのドーナツは見た目が楽しいだけではありません。お試しあれ035.gif






by amnetnewyork | 2017-02-07 00:00 | おすすめホテル | Comments(0)

[WDW]♪ディズニーワールド直営ホテル宿泊特典/マジカル・エクスプレスのご利用方法♪

ディズニー直営リゾートにご宿泊すると、オーランド国際空港と直営ホテル間の往復に
「ディズニー・マジカル・エキスプレス」という無料シャトルバス
e0161692_23473516.jpg

マジカル・エクスプレス」

がご利用いただけます。



空港⇔ディズニーリゾートエリアまでは約45分の距離ですので、タクシーを利用すると結構な高額になってしまうので、この特典はとても嬉しい!


他にも、アメリカ国内在住のお客様にはディズニーからラゲージタグがご自宅に送付されてきます。
そのラゲージタグをお荷物に付け出発空港で預け入れると、ディズニー係員がご宿泊先のホテルのお部屋までお荷物を運んでくれます!なんて便利。


ただし、お荷物がお部屋に届くのにお時間がかかる場合もあるので、ご到着後すぐに必要なものは手荷物でもって行きましょう。特にマジックバンドはすぐ取り出せるようにしておきましょう!
※夜10時着までのサービスです。
※ラゲージタクが届かない場合は、出発空港で渡されるお荷物引換券をマジカル・エクスプレス・チェックインカウンターに提示してください。



さて、空港到着後から、マジカル・エクスプレスの乗車手続きの流れを簡単にご紹介いたします~。

到着後、シャトルに乗ってメインターミナルに移動します。


▼シャトル
乗車時間は2分ほどです。シャトルは数分置きに走ってるので、急がなくて大丈夫です!
e0161692_6282631.jpg


シャトルを降りたら、グリーンのエリア
「Side B の Level 1」のGround Transportation
に向かいましょう。ここにマジカルエクスプレスのチェックインカウンターと乗り場があります。



▼オーランド国際空港ターミナルマップ
e0161692_630369.png



▼シャトルを降りた後にあるメインターミナルのGround Transportationのサイン。
AとBはレベル3で繋がっています。Aに行ってしまうと空港が広くて大変なので注意~。
e0161692_7195884.jpg



さらに進むと、大きな「B」のサインが見えてきます。この奥に進みレベル1(1階)に下りましょう。



▼グリーンの「B」のサイン
e0161692_7211742.jpg




▼Bサイドのバゲージクレーム行きのエスカレーター。
この奥にエレベーターもあります。
お荷物を自分でホテルまで運ぶ場合は、レベル2でピックアップしてレベル1に下りましょう。
e0161692_7221586.jpg


レベル1まで下りると、右手奥にチェックインカウンターが見えてきます。
再度お伝えしますが、「Side B の Level 1」にチェックインカウンターがあります!
ミッキーのサインに従って進みましょう。


▼ミッキーのサイン
e0161692_7233238.jpg


チェックインカウンターに行くまでにはレンタカーカウンターがあります。
必要であれば、お立ち寄りください。


担当が待ち構えているチェックインカウンターに到着したら、マジックバンドを提示し専用機会にタッチ。マジックバンドがなければ、IDをご提示ください。


▼チェックインカウンター
e0161692_725753.jpg


チェックインが終わると、バス停の番号が伝えられるので指定のバス停番号に並んで待ちましょう。バスは大体15分おきに出発します。


▼指定のバス停番号に並びましょう。
e0161692_7263235.jpg


いよいよ乗車です。バスの前にご宿泊するホテル名が書かれているか確認して、乗車ください。大体の席が埋まったら出発です。車内のモニターにはディズニーの映像や、音楽が流れて45分の移動時間はあっという間です。社内は冷房が効いているので、軽い上着があるといいです。


▼お手洗い完備のバス

e0161692_2349397.jpg


ホテルに到着後、バスの格納庫にお荷物を預けた場合は忘れずピックアップ!
チップは必須ではないですが、$1/荷物お渡しすると喜ばれます~。

ここからは、最終日空港に戻る復路に関してご説明します。

チェックアウトの前日にお部屋に出発時間に関する案内書がお部屋に届きます。

通常バスの出発時間はフライトの3時間前です。記載の時間に合わせて余裕をもってチェックアウトを済まし、バス停で待ちましょう。まれに案内書が届かない場合がありますが、フロントデスクのキャストメンバーにご確認ください。案内書はバスドライバーに渡すので、紛失のないように注意!
乗車場所は下車したところと同じです。ミッキーのマークが書かれているバス停が目印。


▼バス停
e0161692_23473516.jpg




また、チェックアウト当日は各ホテル出入り口付近に設けられているエアライン・チェックイン・カウンターに立ち寄ると、ホテルにいながらにしてエアラインチェックインができます。
こちらではお荷物の預け入れ、搭乗手続きが可能なので、オーランド国際空港に到着したら、セキュリティーゲートに直接向かう事ができます。

営業時間:午前5時~午後12時※フライト出発時間の3時間前まで手続き必須
対象:当日の午前8時以降のフライトのお客様
ご利用可能なエアライン
•Alaska Airlines
•American Airlines
•Delta Air Lines
•JetBlue Airways
•Southwest Airlines
•United Airlines

ディズニー直営リゾート専用なので乗り間違う心配なしの、
「マジカル・エクスプレス」

是非利用し、フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートに遊びに行きましょう!

++++++++++++++++++++++++++++++++++
フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートへのご旅行のお問い合わせは、
お申し込みは
アムネットバケーションデスクに
Eメールvacation@amnet-usa.com、
または、212-247-1900までお気軽にご連絡ください!
++++++++++++++++++++++++++++++++++






by amnetnewyork | 2017-02-04 06:31 | Disney☆攻略法 | Comments(0)


『体験と感動のアムネット』NY、LA、シカゴを中心に、アメリカでの生活便利情報を毎日配信中! ☆★☆ WEBサイトは www.amnet-usa.com


by amnetnewyork

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

最新の記事

[DCL]ディズニー・クルー..
at 2017-04-28 06:18
[WDW]映画「アバター」を..
at 2017-04-22 07:28
ボストン市内観光
at 2017-04-12 02:19
Anime Boston 2..
at 2017-04-06 05:13
白梅HAKUBAI 和食がユ..
at 2017-03-29 05:37

こちらもクリック♪

AmnetNY なう

カテゴリ

全体
★超お得! キャンペーン★
【重要なお知らせ】
【連載】 タビテツ
Disney☆攻略法
クルーズ
おすすめホテル
お子様連れのご旅行
ミュージカル・ショー
イベント
アムネット楽楽バスツアー
航空券・航空会社情報
●東海岸
●ニューヨーク
NYCグルメ情報!
NYC隠れ観光スポット
NYのお土産♪
おすすめ米国グッズ
●ボストン
●アメリカ南部
●アトランタ/ジョージア
●シカゴ・中西部
●西海岸
国立公園
●ロサンゼルス
LAグルメ情報!
●ハワイ
●日本
●中南米
●ヨーロッパ
●アジア
●カリブ
気分転換
ツアー情報
お役立ちサイト
●ラスベガス
ごあいさつ
●サンディエゴ
日本お土産
カナダ
コロラド周遊旅行
エジプト
★Amnetスペシャルツアー★
NYオプショナルツアー
バケーション
ちょっと珍しいかも
日常
未分類

最新のコメント

ソアリンやテストトラック..
by amnetnewyork at 07:14
はじめまして。 この記..
by ミカリン at 23:52
仕事が大井町で昔、行きま..
by ノリ at 18:36
東京の京急電鉄と相模鉄道..
by まいんど at 20:56
こんばんは。 はじめて..
by kazu at 19:18
はじめまして。 ち..
by あーさん at 23:43
あけましておめでとうござ..
by 優花 at 14:57
在来の自動改札は途中駅で..
by イヴサンローラン at 09:33
>まゆみ様 コメントあ..
by amnetnewyork at 05:41
KRIGLERの南青山店..
by まゆみ at 23:49

タグ

(222)
(198)
(182)
(95)
(94)
(57)
(45)
(40)
(37)
(36)
(33)
(28)
(26)
(26)
(26)
(24)
(22)
(14)
(14)
(13)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

画像一覧