タグ:温泉 ( 11 ) タグの人気記事

【タビテツ5号】 10号車: 日本の名湯シリーズV 伊豆修善寺温泉あさば

修善寺温泉駅から【あさば】まではタクシーで約10分、タクシーが宿の玄関に到着すると番頭さんがこちらへ走って来て『お荷物をお持ちしても宜しいでしょうか?』。『はい』と答えると、荷物を小走りで持っていってくれます。この早業は高級旅館ならでは! 由布院御三家の一つに泊まった時もそうでした。

e0161692_7521358.jpg

通された部屋は2階の【松風】という、能舞台のほぼ正面(この宿には敷地に深川の富岡八幡宮から移築された能舞台があり、年10回ほど能が催されます)に面した本間10畳 + 次間8畳 + 広縁 + 内湯付の部屋。しばらく庭園を眺めてボーっとしているとあることに気付く...、それは。畳の目がピシッと揃っているのはもちろん、ささくれ立ったところも傷も1ヶ所もありません! 窓は曇り一つなく、埃っぽさの微塵もありません。そう、この旅館は空気が澄んでいる! それは3つある大浴場も同じで浴場の壁は天井まで磨き上げられ、カランもピッカピカ。しかもいつ行っても桶とイスがピシッと片付けられています。かなりこまめに湯番頭が風呂場をチェックしていると思われます。もちろんお湯は敷地内の源泉から掛け流し!

e0161692_82158.jpg

e0161692_7524622.jpg

食事はもはや旅館料理とは次元が違う日本料理。一級品の材料を、きちんとだしをとり、器も上品。それは朝食も同様。白いご飯がとびきり美味しくて、味噌汁からかつおだしの香りがふんわり漂って、無添加の漬物が添えられていて、干物が厚みがあって...フツーの内容ですが手間暇掛かっているのが素人でも分かります。夕食には茨城の山間で獲れた米(香りがよい)、朝食は会津の米(粘りが強くモチモチした食感)を炊いているそう...料理に合わせて米を使い分けているんです!

e0161692_753172.jpg

今回の宿泊代は1人¥48000弱。結論から言うと妥当、或いは割安だと感じてもいいと思います。その根拠はというと、東京の日本料理店で同内容の夕食を取ったとすると恐らく15000~20000 円、朝食は5000円なら満足という内容。とすると残高は23000円くらい。税金とサービス料、入湯税を逆算すると素泊まり料金は20000円をちょうど切るくらい。ルームチャージで3万円台後半ということです。この環境、お湯、食事、サービスであれば大満足でしょう!! あ~、お金があったら常宿にしたい・・・。

e0161692_7533184.jpg

(※【あさば】は泊食分離の宿ではありませんので、食事の料金は明示されていません。あくまで勝手な推測です)。


【超私的評価 ★★★
★☆☆...まぁ、悪くないかな。
★★☆...かなりいいじゃない! また来たい!
★★★...もう最高!! これは日本有数のレベルですよ!!


【こんな人におススメ!】
これぞ、日本の名旅館 - 上質な宿を求めている全ての人に。
記念日や両親の招待旅行にも。

【こんな人は行ってはダメ!】
高級旅館 = 豪華食材だと思っている人。
日本文化にあまり興味がない人。
酒を飲んで大騒ぎしたい人。
by amnetnewyork | 2017-02-09 23:24 | Comments(0)

【タビテツ6号】12号車:日本の名湯シリーズ VII 鹿教湯(かけゆ)温泉三水館

豪華食材が全くない宿、、、

  アメニティーにこだわりますか?
  霜降り牛肉を食べたいですか?
  タオル使い放題に感激しますか?


答えが「YES」なら三水館(さんすいかん)は向いていません。でもここは、関東近県でもっとも上質で美味しい宿といくつかの雑誌で読んだことがありました。この宿には板前やシェフがおらず、ご主人とその奥さんが野菜、米、醤油、味噌に至るまで無添加で、半製品を使わない宿なのです。

今の時期のメインは“葱鍋”とのこと。実はこの宿、季節ごとの鍋が名物で、春・夏は山菜たっぷりの“草鍋”、秋はきのこたっぷりの“雑きのこ鍋”が食べられます。前菜に続きメインが登場しますが、鰹と昆布のだしを張った鍋で、これでもかというほど、ドカーンと盛られた白髪葱と豚肉、そして豆腐が出てきます。味は文句なし!量の割りにローカロリーなのも、帰国中は外食が続く身にとっては有難い食事です。

朝食も夕食同様、やさしい味付けの料理が並びます。見た目は地味だけれど出来合いの惣菜やレトルトなんてものは一切ありません。三水館は地味なものに滋味のある宿なのでした。

e0161692_15491537.jpg


鹿教湯 三水館
電話番号: 0268-44-2731
住所: 長野県上田市西内1866-2
www.sansuikan.info



【超私的評価 ★★☆
★☆☆...まぁ、悪くないかな。
★★☆...かなりいいじゃない! また来たい!
★★★...もう最高!! これは日本有数のレベルですよ!!

【こんな人におススメ!】
無添加、手作りの地産地消に興味がある人。
特に山菜シーズンの“草鍋”は絶品だとか。次回は是非春に行ってみたいです。

【こんな人は行ってはダメ!】
料理に豪華食材を求める人。
源泉掛け流しにこだわる人(温泉は循環です)。
by amnetnewyork | 2014-12-19 15:31 | 【連載】 タビテツ | Comments(0)

熱海の名旅館へ!

相模湾を見下ろす熱海・伊豆山に 「界・熱海」 があります。


e0161692_23562424.jpg


日本三大古泉の一つに数えられる名湯です。
崖に建つ旅館なので、このように階段で温泉まで降りていきます。


e0161692_23563969.jpg
e0161692_23565580.jpg


東京から新幹線でわずか40分。
都会の喧騒から離れて味わう、里帰りの温泉もいいものです。

e0161692_235788.jpg



静岡県熱海市伊豆山750-6
界予約センター 050-3786-0099
1泊2食 34000円~
by amnetnewyork | 2014-08-03 23:59 | ●日本 | Comments(0)

【タビテツ5号】 7号車: 日本の名湯シリーズ IV 会津東山温泉向瀧

会津若松市街からバスでわずか10分! まさに奥座敷といった場所に会津東山温泉があります。開湯は1300年前、江戸時代には上山(山形)、湯野浜(山形)と並び、奥羽三楽境 に数えられた名湯です。

今回ご紹介するのは温泉街を流れる湯川のほとり、山に抱かれるように建つ向瀧です。

まるでタイムスリップしたように、明治初期から昭和10年までに建てられた木造建築が4棟。その全てが登録有形文化財です。しかも登録番号が1号~4号という、文化財登録制度を象徴する建物なんです!(現在全国で8331号まで登録あり)

e0161692_23753.jpg


さすがに文化財だけあって造りは素晴らしい! 会津桐の格天井に書院造りのはなれ、棟全体が数奇屋博物館といった趣で廊下を歩くだけで楽しい!! ここの居心地の良さは古さと共にある清潔感で、とにかく清掃が行き届いており、部屋から風呂までぴっかぴか。館内に3箇所あるお風呂は源泉掛け流し(加水なし)なのですが、聞くと毎日換水(チェックアウト時後、風呂の湯を全部抜き取り、清掃して新たにお湯を張ること。通常、換水は週一の宿が多い)とのこと。

e0161692_231353.jpg


料理も調味料に至るまで化学調味料を使用しておらず、飾りっけのない郷土料理一本勝負! 脇役の野菜から漬物まで抜かりはありません。最近の旅館は創作料理、アイディア料理が多く、それはそれでいいのですが、向瀧のような料理の方向性がはっきりしている宿は貴重です。

e0161692_2392234.jpg


高級旅館ではないので殿様気分に浸れる宿ではありませんが、一万円台で上質な宿といえばここでしょう!!


【超私的評価 ★★☆
★☆☆...まぁ、悪くないかな。
★★☆...かなりいいじゃない! また来たい!
★★★...もう最高!! これは日本有数のレベルですよ!!

【こんな人におススメ!】
建築に興味のある人。
泉質(源泉)にこだわる人。
1万円台で高いコストパフォーマンスを探している人。
東京から近すぎず、遠すぎず、旅行した感のある温泉地を探している人。
(東北新幹線郡山からローカル線で、東京から片道約3時間)

【こんな人は行ってはダメ!】
名物料理は "鯉の甘煮"
『あの魚臭さと骨っぽさが苦手』、という人にもトライして欲しい味ですが、それでもダメ、という人は行ってはいけません。露天風呂がないので、『温泉といえば露天でしょ』、という人にも不向きな宿です。

次回は遂に ★★★ 登場!?
by amnetnewyork | 2013-07-18 11:00 | 【連載】 タビテツ | Comments(0)

【タビテツ5号】 4号車: 日本の名湯シリーズIII --- 野沢温泉住吉屋

立ち上がる湯煙、石畳の坂道、そして木造3階建ての宿...

今回ご紹介するのは長野県野沢温泉【住吉屋】です。

野沢いえばスキー場 - 日本でのスキー発祥の地でもあります。
そしてこの住吉屋はその温泉街の中心部、『麻釜』(おがま)の目の前にあります。

e0161692_136407.jpg

客室はいたってシンプル
本館は木造3階建てですが、古民家のような古い梁が出ているわけでも、
鄙びているわけでもなく、ごくごく普通
ただ普通といっても独特の "品" があります。
高価な調度品は有りませんが、随所に絵が飾られ、野山の花が生けられています。
隅々まで掃除が行き届いた清潔感も有りますし、接客もシンプルですが、
笑顔と顔に "品" があります。

e0161692_1391144.jpg

宿には源泉が敷地内にあり、鮮度は抜群!
でもスパがあるわけでも、カフェがあるわけでもありません。
そもそも宿には売店もなく、露天風呂も男女交代制が一つあるだけ。
で、何をするか? 答えは『浴衣で湯めぐりを楽しむ!』です。

e0161692_140218.jpg

湯めぐりは野沢の最大の特徴。
温泉街には13もの共同浴場があり、どこも無料。
野沢は住吉屋同様、大きな風呂や売店を持たない宿が多く、温泉街が非常に充実しています。
浴衣に下駄を履き、数軒の共同湯をはしごしたり、お土産を物色したりして、
疲れたら部屋に戻って一休み・・・なんてことが普通に出来ます。

また夕食後に共同湯へ行けば、地元の人との交流も楽しめます。
なにしろどこも無料ですから、自宅に風呂があっても共同湯を利用する人が多いそうです。
毎日温泉とは、なんという贅沢!
まさに温泉気分を存分に味わえる、お薦め宿です!!


e0161692_26578.jpg 信州野沢温泉 村のホテル住吉屋
  〒389-2502 長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8713
 Tel :0269-85-2005
 Fax :0269-85-2501
 http://sumiyosiya.co.jp/


【超私的評価 ★★☆
★☆☆...まぁ、悪くないかな。
★★☆...かなりいいじゃない! また来たい!
★★★...もう最高!! これは日本有数のレベルですよ!!


【こんな人におススメ!】
至れり尽くせりのサービスはないけれど、上質な空気感、清潔感を求める人には最高の宿。郷土の味を楽しめる『取り回し鉢』(お惣菜が入った皿)も美味です。

【こんな人は行ってはダメ!】
無料ドリンクやアメニティーの充実度を宿の評価基準にしている人はダメ。館内には何もないので、お篭り派にも向いていません。殿様気分を味わいたい人も行かないほうがよいでしょう。
by amnetnewyork | 2013-04-15 04:15 | 【連載】 タビテツ | Comments(0)

アイスランドスペシャル!

プレジデントデーウェークエンドに行くニューヨーク発アイスランド3泊4日!!
おかげさまで完売いたしました!!!!!
ありがとうございます!!!!

アイスランドの大きな魅力といえば、

日本人が大好きな巨大露天風呂!
ダウンジャケット1枚でオーロラ観測!!
世界遺産となっているゴールデンサークルで自然パワーを満喫!!!
ミネラルをたくさん含んだ食材を使った豪華な食事!!!!


行ってみないと分からない、アイスランドの魅力をもっとたくさんの方にお届けしたい!!!!

と、言うことで、

決定しました!!!!!!!


3月毎日催行!!
ニューヨーク発
アイスランド3泊4日!!



料金:1名様$865.00+Tax~ 
(2名様1室利用)

現在予約受付中!!!!

e0161692_10385284.jpg


ご予約・お問い合わせはアムネットバケーションデスクまで!

Phone: 212-247-1900
E-mail: vacation@amnet-usa.com
by amnetnewyork | 2012-01-25 10:51 | ★超お得! キャンペーン★ | Comments(0)

【タビテツ3号】 1号車: 四国の楽しい電車たち

皆さん、四国へ行かれたことはありますか?ご出身の方には申し訳ありませんが、何があるの? とイメージが沸かない地方ではないでしょうか。実際、全国の温泉ランキングを見ても四国には一つも入っていない番付が多々あります。

昨年は龍馬ブームでしたので、四国三郎を超え土佐の高知へと思いきや、『アンパンマン列車』の走る予讃線を西へ進み、伊予の松山へ。『アンパンマン列車』とは、鉄道利用客を少しでも増やそうと、JRが四国出身の やなせたかし さんとタイアップして登場した列車です。

まず、外観はこんな感じ。
e0161692_2363929.jpg
e0161692_2364855.jpg

シートはもちろんアンパンマン。車掌さんが切符を拝見した後に押すスタンプ(専門用語で検鋏)もアンパンマン、車内オルゴールもアンパンマンマーチ、自動案内放送も"戸田恵子さん"の声、駅弁もアンパンマンです。駅では写真撮影に行列が出来るほどの人気です。

こんな楽しい列車に揺られ道後温泉へ。道後温泉は日本三古泉の一つで、夏目漱石の小説坊ちゃんにも描かれた愛媛県を代表する観光地です。松山駅から道後温泉へは、これまた楽しい『坊ちゃん列車』(路面電車)で20分。
e0161692_13461270.jpg

e0161692_13463231.jpg

道後温泉は、その建物自体が観光施設である『道後温泉本館』(重要文化財) を中心に温泉街が広がります。『道後温泉本館』は共同温泉浴場で皆さんも一度は写真を目にしたことがあるのではないでしょうか?
e0161692_2373032.jpg
e0161692_2374928.jpg

一般に開放されている『神の湯』、『霊(たま)の湯』とは別に、皇室専用の『又新(ゆうしん)殿』、漱石ゆかりの『坊ちゃんの間』等が見学でき、湯上りに歴史を感じることが出来る共同湯です。旅館ではないので宿泊は出来ませんが、この近くに投宿し、"風呂と食事を温泉街で"っていうのもオススメです。
e0161692_2381358.jpg

いいですよ、四国!!


【アンパンマン列車】 
WEBサイト: http://www.jr-eki.com/aptrain/index.html
運行日・時刻: http://www.jr-eki.com/aptrain/naani/yosanjikoku.html 

【道後温泉本館】
WEBサイト: http://www.dogo.or.jp/pc/honkan/index.htm
泉質: 単純温泉
泉温: 46℃
効能: 神経痛、リウマチ、胃腸病、皮膚病、他
by amnetnewyork | 2011-01-05 23:43 | 【連載】 タビテツ | Comments(1)

【タビテツ2号】 12号車: 祝・新青森

一昨日12月4日、東北新幹線の八戸~新青森間 (81.8キロ) が開業しました。1971年の着工以来40年、ついに東北新幹線は全線開通となります。


新幹線大宮~盛岡開業直前の1982年、在来線の特急で上野から8時間かかった青森は、これから3時間20分で到達します。この延伸開業に合わせて、JRと青森県はさまざまな観光誘致をしています (前回筆者が訪れた7月の時点で、既にカウントダウンをしていた熱の入れようです)。
e0161692_753523.jpg

鉄ちゃんとしては新型車両 "はやぶさ E5系" やグリーン車の上を行く"グランクラス" の概要をご説明致したいところですが、話が長くなりそうなので、今回は "My First Aomori" キャンペーンに乗じて青森のおススメ温泉をご紹介しましょう。
e0161692_78370.jpg


良い温泉の定義を、"源泉掛け流し" とするならば、今回ご紹介する『蔦 (つた) 温泉』は全国一といえるでしょう。ご存知の通り、多くの温泉は地下水がマグマに熱せられお湯となります。地下水には多くの鉱物が溶け込んでおり、それが温泉の成分 (効能) となります。しかしこの鉱物を含んだ温泉水は地上の酸素や紫外線を浴びることにより、成分の劣化が始まります。温泉で定番の露天風呂は外気と太陽の紫外線をもろに受け、温泉の劣化が一番進みやすいお風呂なのです。温泉をペットボトルに入れて持ち帰り、自宅の風呂に入れても意味がないのです (気分の問題ですが...)。
e0161692_7121984.jpg


蔦温泉のお風呂はその点安心です。なぜなら湯船の底が温泉の湧出口になっており、空気に一切触れません。そう、温泉の真上に湯船があるため、通常のお風呂で見られる湯口がないのです。実際入浴してみると風呂底には木板が10センチ程の隙間を空けて並べてあり、その隙間からお湯が湧き出ているのが "お尻" で実感できます。
e0161692_713955.jpg


酸素や紫外線に一切触れることのない温泉は、泉温が人間の入浴に適した40℃前後である必要があります。ぬるすぎたら単なる井戸ですし、熱すぎたら茹で上がってしまいます (*1)。湯量も火山の噴火のように大量に出ていてはお風呂になりませんし、少なすぎても湯船にお湯がたまるうちに冷めてしまいます。泉質も人間の肌に合わなければなりません。このような条件を全て満たす『蔦温泉』はまさに "奇跡の温泉" と言えるでしょう! (*2)
e0161692_7143621.jpg


今回は新幹線開業に合わせて青森へ大きく寄り道しましたが、来春は九州新幹線の全通というビッグイベントがあります。我が "タビテツ" も更に南下し、楽しい列車、素晴らしい温泉、美味しい駅弁をもっともっとご紹介します。 2012年も乞うご期待!!

つづく。

*1 ぬるすぎる湯は追い焚きし、熱いすぎる湯は加水や湯揉みをして適温にします。
*2 湯船の底から源泉が湧き出す温泉は、他に乳頭(秋田)や法師(群馬)があります。



温泉データ: 蔦温泉旅館
(十和田樹海と呼ばれるブナ原生林の中の一軒宿)
泉質:ナトリウム、塩化物泉
泉温:44℃
効能:外傷、慢性皮膚病、動脈硬化症
料金:¥9000~
アクセス:東北新幹線新青森駅よりバス2時間

by amnetnewyork | 2010-12-06 17:01 | 【連載】 タビテツ | Comments(0)

【タビテツ2号】 7号車 京都にて

京都に到着しました。アメリカ人のお友達やご家族を日本へ案内する際、外せない必須観光地です。折角だから日本的な旅館に泊まりたい...。でも京都は温泉地ではなく、また147万人が暮らす政令指定都市ですから、外国人受けする宿泊施設は意外と少ないのが実情。

そこでお勧めが旅亭紅葉 です。この旅館は京都ではなく、琵琶湖のほとり、滋賀県の大津にあります。え、京都じゃないの?と思われるかもしれませんが、京都の街は山に囲まれており、トンネルを一つ超えればお隣の滋賀県。
e0161692_3115017.jpg

京都駅からはJR琵琶湖線(湖西線の愛称)で2駅目、大津京駅まで所要10分。駅から市内をバスで移動するのと大差ない時間です。電車は京都を出ると次は山科(やましな)、そして列車は逢坂山(おおさかやま)トンネルへ。このトンネルは日本で掘削された初めての山岳トンネルで、1880年開通(664m)。外国人技師に頼らず日本人だけで完成させ、鉄道記念物にも指定されています(現在は2代目)。
e0161692_312948.jpg
(1880年当時の旧逢坂山隧道西口。)

逢坂山トンネルを抜けると滋賀県、そして大津京駅へ到着します。旅館へ事前に連絡すれば、駅まで迎えに来てくれますが、紅葉までは徒歩でも10分ほどの距離です。

まずエントランスを抜けると、建物の壁が総ガラス張りになっており一面の琵琶湖が視界に入ってきます。フロントまでは回廊風になっており、琵琶湖を見渡しながらチェックイン。部屋も多くがレイクビューで、夏はきっと花火が綺麗に見えることでしょう。
e0161692_3163478.jpg

そして、お風呂へ。旅館は鉄筋の近代的な建物なので秘湯の雰囲気はありませんが、非常に大きく、とにかく清潔に保たれています。外国人には重要なポイントでしょう。もちろん琵琶湖を望む露天風呂も完備。また、部屋にも浴室がありますので、大浴場はちょっと...という方でもOKです。
e0161692_3165485.jpg

京都を訪問の際、お勧めの温泉旅館です。

つづく。


e0161692_3304046.jpg旅館データ:
びわ湖温泉 旅亭紅葉
滋賀県大津市茶ヶ崎4-3
Tel 077-524-8111
http://www.ryotei-koyo.jp/

by amnetnewyork | 2010-07-03 03:26 | 【連載】 タビテツ | Comments(0)

【タビテツ2号】 5号車 北陸の外湯(そとゆ)

加賀100万石の城下町金沢は、兼六園や茶屋町といった伝統的な文化から、最近話題の金沢21世紀美術館など見どころ満載北陸の大観光都市です。でもこれら名所旧跡の案内は市販のガイドブックに譲るとして、今日は"お勧めの温泉評価術"をご紹介しましょう。

日本は温泉天国ですが、ここ石川県も例外ではありません。加賀温泉郷として知られる山中山代片山津。高級温泉街として知られる能登半島の和倉。金沢の奥座敷湯涌等など、温泉番付にも登場する有名温泉地が点在します。よほどの湯脈が地下にあるのか、ここでは街なかの銭湯も本物の温泉であることが多いのです。

これらの温泉地には必ず外湯があります。外湯とは共同湯のこと、つまり湯量が豊富であるということの証明です。外湯へは近隣からいいお湯に入ろうと人が集まり、彼らを目当てに商売を始めようとする人たちが現れ市が立つ。こうして活気に溢れた温泉街が形成されます。

山中温泉は有名な山中漆器の産地でもあり、菊の湯周辺にはお土産物やが立ち並び、歩いて楽しい温泉街。

e0161692_9445836.jpg


片山津の夏(7月下旬から8月)は毎日花火が上がり、お風呂の後に湖面に映える花火をうちわ片手に鑑賞できます(←デートにお勧め!)

e0161692_9451348.jpg


旅館の内風呂と決定的に異なる点は、地元の人が入りに来るということ!夕方になると老若男女が集まり、そこは方言が飛び交う一大社交場と化します。

いい温泉であるか、自分の肌に合う温泉かどうかも外湯で判断できます。外湯は元湯、つまり源泉から汲み取られた一番いい湯がそこにあるからです。そもそもこれらの外湯から温泉街(旅館)は開けていったのです。

いい温泉地にはたいてい外湯があるものです。皆さんも次回、地元の歴史が染み込み、町の人たちのが長年守り思い入れがたくさん詰まった“ 外湯 ”に足を運んでみてはいかがでしょうか。

つづく。
by amnetnewyork | 2010-05-03 20:40 | 【連載】 タビテツ | Comments(0)


『体験と感動のアムネット』NY、LA、シカゴを中心に、アメリカでの生活便利情報を毎日配信中! ☆★☆ WEBサイトは www.amnet-usa.com


by amnetnewyork

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

はるな愛のイベントに関するご報告
at 2017-11-21 00:02
SpongeBob Squa..
at 2017-11-16 05:37
AMNET Presents..
at 2017-10-16 22:41
NYアップルピッキング
at 2017-09-28 03:26
JAPANFes Ramen..
at 2017-09-16 01:48

こちらもクリック♪

AmnetNY なう

カテゴリ

全体
★超お得! キャンペーン★
【重要なお知らせ】
【連載】 タビテツ
Disney☆攻略法
クルーズ
おすすめホテル
お子様連れのご旅行
ミュージカル・ショー
イベント
アムネット楽楽バスツアー
航空券・航空会社情報
●東海岸
●ニューヨーク
NYCグルメ情報!
NYC隠れ観光スポット
NYのお土産♪
おすすめ米国グッズ
●ボストン
●アメリカ南部
●アトランタ/ジョージア
●シカゴ・中西部
●西海岸
国立公園
●ロサンゼルス
LAグルメ情報!
●ハワイ
●日本
●中南米
●ヨーロッパ
●アジア
●カリブ
気分転換
ツアー情報
お役立ちサイト
●ラスベガス
ごあいさつ
●サンディエゴ
日本お土産
カナダ
コロラド周遊旅行
エジプト
★Amnetスペシャルツアー★
NYオプショナルツアー
バケーション
ちょっと珍しいかも
日常
【Cuba】キューバ情報
未分類

最新のコメント

ソアリンやテストトラック..
by amnetnewyork at 07:14
はじめまして。 この記..
by ミカリン at 23:52
仕事が大井町で昔、行きま..
by ノリ at 18:36
東京の京急電鉄と相模鉄道..
by まいんど at 20:56
こんばんは。 はじめて..
by kazu at 19:18
はじめまして。 ち..
by あーさん at 23:43
あけましておめでとうござ..
by 優花 at 14:57
在来の自動改札は途中駅で..
by イヴサンローラン at 09:33
>まゆみ様 コメントあ..
by amnetnewyork at 05:41
KRIGLERの南青山店..
by まゆみ at 23:49

タグ

(229)
(208)
(186)
(99)
(98)
(57)
(45)
(40)
(37)
(37)
(36)
(28)
(27)
(26)
(26)
(24)
(24)
(14)
(14)
(13)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

画像一覧