ニューヨークシティーバレー


ニューヨークでの楽しみはいろいろあります。
ミュージカルやオペラ鑑賞、スポーツ観戦や美術館めぐりなどなど。060.gif

今回ご紹介するのは、ニューヨークシティーバレーです。
e0161692_11165240.jpg

まずは歴史を少々。
ニューヨークシティーバレー団は、リンカン カーステイン氏 とジョージ バランシン氏によっていくつかのバレーカンパニー創設を経て1946年にバレーソサエティー が創設された後、1948年にニューヨークシティーバレーと名前を変え、現在に至っています。

企画/経営は、かーステイン氏, 振り付けはバランシン氏という体制でおこなわれ、
特にバランシン氏はバレーマスターとして、1983年の彼の死まで指導を続けました。

初演は、1934年のチャイコフスキーのセレナーデで、ニューヨークシティーバレー団は
その創設以来、常に注目をあびるバレー団として有名です。
ミハエル バリシニコフ氏や日本人も堀内 元氏が在籍していました。

ニューヨークシティーバレー団の本拠地である、デビット H コッホ劇場はバレー用に
バランシン氏の要望を取り入れて作られたそうで、オペラ座の隣、リンカーンセンター内にあり、劇場の中の彫刻は非常に大きいものばかりで圧倒されます。
e0161692_11141413.jpg

e0161692_11174546.jpg


今回はクラシックバレーというよりは現代バレーという感じでSymphony in Three Movements, Polyphonia とI’m Old Fashionedの3幕に分かれていました。
e0161692_11154657.jpg
e0161692_1116553.jpg

実はニューヨークでバレーを見るのは初めてだったのですが、1幕で15人ほどのダンサーが踊るところでは、あんなにトウシューズの音が聞こえるのかと少々ビックリしました。
トウシューズを履くのは女性だけで、男性のダンサーは革製のやわらかい平底靴を履いています。

オーケストラの演奏にあわせ、様々なポーズや男性は女性を持上げて踊りますが、実際はその体重や姿勢が通常の生活ではありえないポーズでありながら、軽々とそして何より美しく正に芸術です。072.gif

今年は特に雪も多く、外にでるのが億劫になりそうですが、たまにはひとときを
最高の芸術を見て過ごすのもいかがでしょうか。

アムネットは、バレーのチケットもお取り致します。
どうぞお気軽にお問い合わせください。040.gif
by amnetnewyork | 2011-02-01 11:22 | Comments(0)

旅行会社アムネットの発信する、飛行機やマイレージ、ホテル情報に関するブログ 【ウェブサイト→https://www.amnet.jp/】


by Amnet New York Inc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31