【タビテツ 3号】8号車: "さくら" は西へ、南へ

e0161692_1140036.jpg
1年ぶりに降り立つ博多駅は全面的に建て替えられ、"JR博多シティー"という名に生まれ変わっていました。

新駅ビルは地下3階、地上10階建てで、延べ床面積20万㎡は旧ビルの6倍以上、商圏は九州、山口方面だけでなくアジア方面もターゲット...と壮大です。



e0161692_11431265.jpg福岡の地は韓国のほうが東京よりも近く、アジアの近隣諸国からの誘客が盛んに行われています。特に冬はゴルフ目当ての韓国人が、温暖な九州へ多く押し寄せるようで、JRでは九州新幹線をゴールデンコースに育てる気運も高いそう。駅の案内表示と車内放送も英語に続き、ハングル、中国語、と続きます。

今回の開業区間は博多~新八代間130キロで、2004年に先行開業している新八代~鹿児島中央間をと合わせた288.9キロが全線開通しました。
これにより、青森~鹿児島まで列島2千キロが新幹線でつながったことになります。


九州新幹線を走る列車は"さくら"、"みずほ"、"つばめ" の3タイプ。
e0161692_11461160.jpg

"さくら" "みずほ" は "のぞみ" をベースにしたN700系といわれる新型車両で、
関西から直通運転します。山陽新幹線には "ひかり" にグリーン車が連結されて
いなかったため、ジャパンレールパスグリーン車保持者には使い勝手が悪い区間でしたが、
"さくら"には 『シンクロナイズドコンフォートシート』を配したグリーン車が登場!
優雅な旅が楽しめます。
e0161692_11484192.jpg
※"みずほ" " さくら" は同車両。
e0161692_1149728.jpg
グリーン車
花唐草模様のシートと、佐賀の鍋島段通がモチーフのカーペット。
さりげない和のテイストがいたるところに...。



東シナ海の沿岸を単線の急カーブと急勾配で3時間40分かかった熊本~鹿児島間は、
いまやたったの40分! 全体の70%がトンネルで、駅弁を食べる時間も景色を楽しむ車窓も
失われてしまったような気がしますが、新幹線の開通により内外から観光客が増え、
地元経済が潤うことはいいことです。九州は温泉天国ですし、食べ物も旨い!!
e0161692_11525891.jpg

次回は新八代で新幹線を降り、九州一の絶景ローカル線に乗り換えます。
オススメ駅弁もまってま~す!!




e0161692_1154629.jpg
by amnetnewyork | 2011-08-29 22:32 | タビテツ | Comments(0)

旅行会社アムネットの発信する、飛行機やマイレージ、ホテル情報に関するブログ 【ウェブサイト→https://www.amnet.jp/】


by Amnet New York Inc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31