エルビス・プレスリーの生家

エルビス・プレスリーと言えば、メンフィスのグレイスランドで有名だと思いますが、今回私は、
エルビス・プレスリーの生まれた、ミシシッピー州、テュペロ(Tupelo)に行ってきました。
実のところ、テュペロに到着するまで、この町がエルビスの生まれ育った町だという事は知りませんでした…。彼の生まれ育った家は現在、Elvis Presley Birth Placeという小さな博物館になっています。生家は1930年代に彼の父親によって立てられた木造の家のため、傷みも進んでいたので壁や屋根など一部改築されています。しかし博物館によって当時を再現できるように大切に今でも保存されています。テュペロはメンフィスから100マイル南東にあるミシシッピー州の町です。メンフィスに行かれることがあれば是非足を伸ばしてみてください。
e0161692_7533664.jpg

エルビスの生家の写真です。とても小さい家です。中に2つ部屋があるだけの簡単な建物です。
今のようにキッチンなどがあるわけではないので、水場は外に水を汲みに行くしかなかったそうです。1930年代といえば、大恐慌の時代で、アメリカも今のように大変な時期を迎えていました。
このあたりはコットンの産地だったので、子供達がコットンを入れる大きな袋を引きずって、コットン畑で働いていたそうです。
e0161692_754105.jpg

エルビスの家族写真です。13歳でメンフィスに移るまでは、この小さな家に家族三人暮らしていました。お母さん子だったそうです。
e0161692_754457.jpg

e0161692_755273.jpg

この2枚は家の中の部屋の写真です。この2部屋しかありません。ベッドは今で言うクイーンサイズのベッドが一つ。3人で一つのベッドに寝ていたそうです。当時の娯楽と言えば、ラジオ。メンフィスやナッシュビルから流れてくるラジオ放送を聴いていたそうです。
今のような便利なキッチンはありませんでした。ストーブでお湯を沸かしたり、するような設備しか
備わっていません。

私はエルビス・プレスリーと同じFraternity(大学のクラブのようなもの)所属だったので、
親近感を覚えます。生きていればエルビスと私の父は同い年。彼の死んだ1977年に私は生まれました。何かの縁を感じました!
by amnetnewyork | 2016-11-09 06:53 | Comments(0)

旅行会社アムネットの発信する、飛行機やマイレージ、ホテル情報に関するブログ 【ウェブサイト→https://www.amnet.jp/】


by Amnet New York Inc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31