イリノイの世界遺産 カホキア古墳 Cahokia

セントルイスからミシシッピー川を渡って東に数マイルいくと、カホキア古墳があります。
まだ西洋人がイリノイに移住する前から(600AD~1600AD)、ミシシッピアン文明が
栄えていた頃の遺産です。現在のミシシッピー川の地理を生かして、遠くはフロリダや
ルイジアナなどの遠方の人々と交易をしていたそうです。飛行機はもちろん、高速道路や
蒸気船もない時代だということを考えると驚きですよね。最盛期には、現在のセントルイスエリア
に2万人もの人々が住んでいたそうです。1600年頃を境にこの文明は姿を消してしまいました。
今でも考古学者がなぜカホキアが廃墟となったのかを調べているそうですが、
はっきりとした理由はわかっていないそうです。土器や古墳などは今でも、当時の姿を
残していますが、湿度の高い地域なので木材などは腐りやすく、あまり現存している資料も多くはないそうです。
道路工事などをすると、遺跡に関連したものが出土するので、度々地元住民には話題になるそうです。

1964年にUNESCOの世界遺産に選定され、現在も大切に保護されています。
誰でも気軽に立ち寄れるので、セントルイスエリアに来るまで立ち寄られた場合は是非行ってみて下さい。
資料館は無料で拝観できます。古墳の上に立つことも出来るので、ちょっと感動します。
メキシコの北の地域ではこのカホキア古墳が一番大きいそうです。

カホキア古墳を前から見たところ(夕方に行ったので暗いです…すみません)
e0161692_9124779.jpg


古墳の上から見た景色
e0161692_913848.jpg

by amnetnewyork | 2012-02-10 09:14 | ●シカゴ・中西部 | Comments(0)

旅行会社アムネットの発信する、飛行機やマイレージ、ホテル情報に関するブログ 【ウェブサイト→https://www.amnet.jp/】


by Amnet New York Inc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31