成田空港第3ターミナル 4月オープン

今春4月8日にオープンする成田国際空港/第3旅客ターミナルビル。
新しいターミナルビルは、LCC(低コスト航空会社)専用ターミナルです。
現在入居予定の国内LCCは3社、海外LCCは9社。 
e0161692_9353229.png

*4月7日までは、上記国内LCC3社は第2ターミナルを使用しますのでお間違えのないように!
*ピーチは今まで通り、第1ターミナルを使用します。

JetstarはJALとの共同運航便が多数あり、新千歳、福岡、那覇空港等を利用される方は、
4/8以降、新しいターミナルを利用する機会がありそうですね006.gif

第2ターミナルから約500メートル北へ離れたところに作られ、第2ターミナルと第3ターミナル間の移動は、徒歩か無料連絡バス(シャトルバス)になります。

徒歩:アクセス通路(約500m)を利用して約15分。 
シャトルバス:4:30~23:00の間で、5-12分間隔で運行し、所要時間は約10-15分ほど。
第1ターミナルからは離れていますので、シャトルバスでの移動になります。
e0161692_9234568.png

また、第3ターミナルのオープンに伴い、国内線の利用者も下記の旅客サービス施設使用料が
必要になります。
■2015年4月8日以降の施設使用料
 <第3旅客ターミナル>
国内線:大人380円、子ども190円 (新設)
国際線出発:大人1020円、子ども510円 (新設)
国際線乗継:大人510円、子ども250円 (新設)

 <第1、2旅客ターミナル>
国内線:大人440円、子ども220円 (新設)
国際線出発:大人2090円、子ども1050円 (現行維持)
国際線乗継:大人1050円、子ども520円 (現行維持)

他にもフードコートや免税店を含めたショップは20数店舗。
国内空港最大(座席数約450席)のフードコートは空港初出店の「宮武讃岐うどん」と「リンガーハット」のほか、計7店舗。 出発まで時間があれば、第1・第2ターミナルのショップももちろん利用できます。 こちらのフードコートは食事するだけでなく、深夜から早朝にかけた時間帯も含めて24時間休憩スペースとしても利用可能です。

LCC専用のターミナルができるのは、那覇、関西に次いで国内では3番目となる成田国際空港。
今後ますます「旅」の選択肢が広がりそうですね~~~016.gif
by amnetnewyork | 2015-02-19 10:06 | ●日本 | Comments(0)

旅行会社アムネットの発信する、飛行機やマイレージ、ホテル情報に関するブログ 【ウェブサイト→https://www.amnet.jp/】


by Amnet New York Inc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31