巷で騒がれているReal IDとは?

巷で騒がれているReal IDとは?
今回は簡単にご説明します。

Real ID Actとは?
9-11のテロ後、政府は今後のテロを防ぐため、
運転免許証取得に必要な条件をこれまで以上に厳しくすること決め、
これまでは運転免許証は、各州が決めた条件を満たせば発行されていたが
今後は州ではなく、国レベルで免許証を受領できる厳しいスタンダードを決めましょう、
という2005年に決議された法案です。

e0161692_03294485.png




















上記の地図上で
EXTENSIONの州→REAL ID施行前:REAL ID対応の運転免許証ではない。
(*下記説明のEnhanced免許証をお持ちの場合以外)
10/1/2018までは、従来通りアメリカ発行の運転免許証のみの身分証明書で、全米にて国内旅行ができる。
→州として Extensionは更新可能だそうで、今後もしばらく延長される可能性はあるが、
今年の7月までには今後どうなるか、政府から発表がある予定。

COMPLIANTの州→REAL ID施行済:元々REAL ID対応の運転免許証のため、
こちらの州で発行の免許証をお持ちの場合は今後も問題なし。
(元々運転免許証を受領できる審査が、上記の黄色の州よりも厳しいため、"Real ID Compliant")

e0161692_03303620.png











Enhanced Driver's Licenseとは?
U.S. Citizenのみが申込可能な(通常のDriver's Licenseより+$30)運転免許証で
(永住権保持者は対象外)
現時点では5州(ミシガン、ミネソタ、ニューヨーク、バーモント、ワシントン州)のみで発行されている。
こちらをお持ちの場合は、Real ID Act施行後も、Enhanced Driver's Incenseのみで米国内旅行可能
(Enhancedのライセンスには、はっきりと"ENHANCED"と記載があり、グリカホルダーの方のライセンスには
その記載がありません)

10/1/2020以降は、全米国内線の搭乗において、
全員がReal IDに対応された身分証明書が必要となる。

※子供(17歳以下=minor under 18)は、Real ID Act施行後も、
国内線旅行で同乗の大人がいる場合は身分証明書は不要。

現時点でTSAが、米国内線利用に認めている身分証明書です。


e0161692_03310619.png













情報は常に更新されますので、こちらのサイトよりご確認ください。


by amnetnewyork | 2018-01-25 03:39 | 【アムネットからのお知らせ】 | Comments(0)

旅行会社アムネットの発信する、飛行機やマイレージ、ホテル情報に関するブログ 【ウェブサイト→http://www.amnet-usa.com/】


by Amnet New York Inc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30